Officemagokoro

法律が認める離婚の理由について

法律が認める離婚の理由について

離婚はお互いの話し合いで決まれば、どのような理由であっても離婚は成立しますが、裁判になったときは民法という法律が認める離婚の理由に該当しなければなりません。

法律が認める5つの離婚理由

民法という法律が認める離婚原因には次の5つがあります。

  • 不貞行為

  • 悪意の遺棄

  • 3年以上の生死不明

  • 強度の精神病

  • その他婚姻を継続し難い重大な事由

※但し、上記に該当しなくても夫婦間で合意すれば、自由に離婚することはできます。

不貞行為とは

配偶者のあるものが、配偶者以外の者と性的(肉定的)な関係をもつことを不貞行為といいます。不貞行為とは肉体関係をもつことですから、配偶者が配偶者以外の者と、食事をしたり、散歩をしたり、ゲームをしたりしても、それは不貞行為にはなりません。

悪意の遺棄とは

長期間に渡り家に帰らず、夫婦間の同居義務、扶助義務などに反する行為のことを「悪意の遺棄」といいます。例えば、長期間家を出たまま帰らず、生活費を入れないなどがこれにあたります。

3年以上の生死不明とは

生存していたことを確認したときから3年以上生死不明で、かつ現在も生死不明な状態であれば、法の認める離婚事由となります。この場合、単なる行方不明等では離婚請求をすることができません。

強度の精神病とは

配偶者が強度の統合失調症などにかかり、回復の見込みがない場合には離婚請求をすることができます。近年、社会化現象となっているうつ病などでは、離婚請求をするこが難しいと考えられます(症状や回復見込みにもよりますが)。

婚姻を継続しがたい重大な事由とは

配偶者との性格の不一致、勤労意欲の欠如、暴行や虐待、浪費癖、愛情の喪失、犯罪、肉体的欠陥、性的異常などにより、婚姻生活を継続して行く事が難しく、夫婦生活が回復困難、かつ破綻している状態のことをいいます。

1人で悩まずに、相談してください。

離婚や別居の悩み、夫婦の問題や不倫・慰謝料の悩み、子どもの親権や養育費のこと、離婚の手続きと方法、DV・モラハラ・アスペルガー症候群などの発達障害・うつ・不安障害・パーソナリティー障害・アダルトチルドレン・依存症・男と女の違いや男の心理のことなど、
オフィスまごころは、お客さまの気持ちに寄添い、どんな悩みも、やさしく丁寧に聴かせて頂きます。誰かに話を聴いてほしいとき、どうしたらいいか迷った時は、お気軽にご相談ください。
1人で悩まずに、相談してください。