休業について

いつもありがとうございます。
都合により8月20日よりお休みさせて頂くことになりました。
日頃からご愛顧頂いているお客さまには大変ご迷惑をおかけ致しますが、どうかご理解賜りますようお願い申し上げます。

離婚と慰謝料の決め方について

離婚と慰謝料の決め方について

離婚の慰謝料とは?

離婚の慰謝料とは、離婚の原因をつくった夫(妻)に対して、請求することができる精神的苦痛に対する損害賠償のことをいい、離婚をすることからくる精神的苦痛に対する損害賠償でもあります。よくテレビなどで、「歌手の○○さんは数億円の慰謝料を支払いました」と報道されることがありますが、有名人や芸能人の場合、金銭的に余裕がある方が多かったり、離婚することによって生活が一変する相手への扶養的(離婚後の生活の援助)な意味合いが強い慰謝料だったりするので、一般の方には理解できないような高額な慰謝料になることが多いようです。

どんなときに慰謝料を請求できる?

不貞行為(他の異性と性的交渉をもった)や、暴力を振るう、精神的虐待を与える、などの場合、慰謝料を請求することができます。一方、性格が合わないなど、夫婦のどちらに離婚の原因となった責任があるかわかりにくい場合は、慰謝料を請求することは難しいといえます。

慰謝料の相場は?

日本の離婚の約90%が協議離婚です。ですから、相場といえるような多数の人が支払っていると予想できるデータはないといっていいでしょう。インターネットで検索すると、100万~300万円あたりが相場のように書いてありますが、それは、裁判の結果に基づいた慰謝料です。裁判の判決をみてみると、夫婦によってみんな違うことがわかります。

  • ・生活費を渡さなかった夫に慰謝料30万円を認めた事例。

  • ・悪意の遺棄の夫とその両親に対して、慰謝料25万円を認めた事例。

  • ・不貞行為をした夫に慰謝料300万円を認めた事例。

  • ・性的不能を告げないで結婚した夫に慰謝料200万円を認めた事例。

  • ・性交渉を拒否した夫に慰謝料100万円を認めた事例。

  • ・躁うつ病を隠して結婚し、結婚後自殺未遂をした夫に1000万円を認めた事例

  • ・妻と母の不仲を解消する努力を怠った夫に慰謝料7万円を認めた事例。

  • ・夫婦を破綻に導いたのは夫と母にあるとして、夫と母に対し200万円を認めた事例。

  • ・嫁いびりをした姑と夫に対し、慰謝料100万円を認めた事例。

  • ・信仰を隠して結婚した夫に対し、慰謝料100万円を認めた事例。

  • ・生活費を渡さず、暴力を振るった夫に対し、200万円を認めた事例。

  • ・暴力行為の夫に対し、慰謝料300万円を認めた事例。

  • ・不貞行為をした妻に対して、暴力行為をした夫に200万円を認めた事例

上記は、裁判例のほんの一部ですが、事例によって金額がすべて違います。
結局、相手が支払ってくれればそれでOKですから、慰謝料を請求したい場合は、相手のしたことで、自分がどれだけ傷ついたかをはっきりさせたうえで、とりあえず、自分が考えている金額を請求してみればいいと思います。もちろん、社会的にみてその金額は違うでしょ?という金額だと、嫌がらせや脅迫と、受け取られる場合もありますので、あまりに高い金額を請求する場合は、注意が必要です。

慰謝料は離婚から3年たつと請求できない?

離婚の慰謝料は3年経つと時効になってしまい、請求することができません。離婚をしたあとで請求するのは難しい場合があるので、できれば、離婚前に請求したり、話し合って決めた方がいいでしょう。

お互いの話し合いで決まらない場合は調停を利用する

お互いに話し合っても決めることができないときは、家庭裁判所の調停を利用することができます。離婚と同時に決める場合は、離婚調停を家庭裁判所に申し立てをし、離婚後に決めたいときは、慰謝料請求の調停を家庭裁判所に申し立てます。離婚調停の場合は、審判を利用することは難しいのですが、離婚後の慰謝料請求の調停であれば、調停で合意できない場合、審判で家庭裁判所の裁判官が決定することもできます。調停は、収入印紙1200円と連絡用の切手代(数千円・各家庭裁判所によって異なります)。申立書と戸籍謄本などを添えて家庭裁判所に提出すれば、自分で簡単に申し立てることができます。

Checkオフィスまごころの離婚協議書作成サポートプラン

1人で悩まずに、相談してください。

離婚や別居の悩み、夫婦の問題や不倫・慰謝料の悩み、子どもの親権や養育費のこと、離婚の手続きと方法、DV・モラハラ・アスペルガー症候群などの発達障害・うつ・不安障害・パーソナリティー障害・アダルトチルドレン・依存症・男と女の違いや男の心理のことなど、
オフィスまごころは、お客さまの気持ちに寄添い、どんな悩みも、やさしく丁寧に聴かせて頂きます。誰かに話を聴いてほしいとき、どうしたらいいか迷った時は、お気軽にご相談ください。
1人で悩まずに、相談してください。