口約束で決めた養育費を確実に払ってもらう方法とは?

口約束で決めた養育費を確実に払ってもらう方法とは?
こんにちは、平良です。

今日は、離婚のときに、公正証書をつくることができなかったときの対応について書きますね。


実際にあったお話し

Aさん(女性)は、結婚して6年。

男の子のお子さんが一人います。

ある日、別れた元旦那さんが急に養育費を支払わなくなったので、なんとかしたいと相談がありました。

Aさんは、養育費のことを夫婦で約束したという紙を見せながら、「約束をやぶるなんて許せない」とかなり感情的になっている様子でした。

Aさんが見せてくれた紙には、確かに養育費を毎月3万円支払うことが書いてあり、夫婦の名前と印鑑が押されてありました。

でも、残念です。

いくら紙に書いて約束をしても、「給与などの財産を差し押さえをしてもいいですよ」という夫婦の約束を公正証書にしないと、元夫の給与を差し押さえたりすることはできないんですね。

Aさんは、きちんと書面に残しておけば約束をやぶったときに、給与の差し押さえができると思っていたようで、私の説明を聞いてため息をついてしまいました。


口約束や普通の契約書は役に立たない?

Aさんは、離婚の時に養育費の支払いなどについて紙に書いて約束をしていました。Aさんは、元旦那さんが養育費を払わなくなってしまったため、どうしたらいいかわからなくなってしまったのですね。

実はAさんのように考えている方は結構います。理由は、離婚協議書や公正証書という言葉を、一般の方が耳にする機会がないからなんですね。

1つ覚えておいて欲しいのは、養育費の支払いがストップしたら、必ず財産を差押えることができるわけではなく、債務名義といって、裁判や調停で決まったことの事実があることが必要なのです。

しかし、公正証書は裁判や調停をしなくても、相手の財産を差押えることができる、というメリットがあるんですね。


相手が約束を破ったときは?

口約束や紙に書いた約束しかない場合に、相手が養育費を払ってくれなくなったときは、家庭裁判所に養育費の調停を申し立てると、ほぼ必ず支払ってもらえるようになります。

Aさんも、私のアドバイスで家庭裁判所に養育費の調停を申立て、無事に毎月3万円を支払ってもらうことができるようになり、安心して生活ができるようになったんですね。


最後に

養育費の取決めは離婚届を出す前に、公正証書にしておくことが一番安心です。

しかし、相手が公正証書をつくることに応じてくれなかったり、様々な事情で公正証書をつくることができなかったときは、離婚後に簡単に利用できる養育費の調停を申し立てましょう。

家庭裁判所と聞くと敷居が高く感じられると思いますが、養育費の調停は申し立ても簡単ですし、調停は単なる話し合いなので、少しの我慢でしっかりと養育費を支払ってもらうことができるので、養育費の支払いがストップしたときは、思い切って申し立てることが大切です。

口約束や紙に書いた約束でも、必ず払ってもらう方法はありますので、決してあきらめないことが大切ですね。

女性のためのやさしい電話相談開催中。

離婚や夫婦関係のこと、別居や不倫・慰謝料のことで、どうしたらいいか悩んでいませんか。
“女性のためのやさしい電話相談”は、60分3,500円で全国どこからでも、何度でも利用できる女性限定の電話相談です。
話すことが苦手な方も安心してお話しできるよう、相談者様の気持ちをしっかり受けとめますので、誰かに話を聴いてほしいとき、どうしたらいいか迷った時、一緒に考えてほしいとき、心が疲れたときは、女性のためのやさしい電話相談を、ぜひご利用ください(愚痴もお聴きします。男の心理もわかりやすく説明します)。