離婚は出産前と後、どっちがいいですか?胎児でも養育費は決められますか?

離婚は出産前と後、どっちがいいですか?胎児でも養育費は決められますか?

1ヶ月後に出産を控えていますが、夫と離婚することに決めました。

子どもが生まれる前に離婚をすると、私が損をすることってありますか?

出産前の胎児でも養育費の取決めはできる

出産を控えた大切な時期に離婚の問題でストレスを抱えながら、生活していらっしゃるのかもしれませんね。

結論からいうと、お子さんが生まれる前に離婚しても、特に損をすることはないと思います。

お子さんが生まれた後、出生届けを出せばあなたが親権者となるので、親権争いは生じないと思います。

ただ、養育費の金額や、子どもとご主人の面会交流などについては、通常の協議離婚と同じように、ご主人と話し合って決めた方がいいでしょう。

離婚後の不安を少しでも減らすために、また離婚後のトラブルになるリスクを失くすためにも、夫婦で決めたことを公正証書にした方がいいと思います。

離婚をして出産をした後でも、養育費などの取り決めをすることはできますが、ご主人が応じてくれない場合もあるので離婚前の方がいいと思います。


※出産前の胎児でも養育費の金額や支払い方法について離婚協議書や公正証書で決めることは可能です。


ご主人が話し合いに応じてくれなかったり、公正証書をつくることにご主人が同意してくれないときは、離婚後に養育費の調停を申し立てるといいでしょう。

養育費の調停で決まらないときは、審判に移ることができ、家庭裁判所の裁判官が決めてくれるためご主人が支払いを免れることは難しいです。

少し面倒ではありますが、あなたにとってメリットは必ずあるはずです。

お互いの話し合いで決まらないときは、ぜひ調停も検討してみてくださいね。

女性のためのやさしい電話相談開催中。

離婚や夫婦関係のこと、別居や不倫・慰謝料のことで、どうしたらいいか悩んでいませんか。
“女性のためのやさしい電話相談”は、60分2,980円で全国どこからでも、何度でも利用できる女性限定の電話相談です。
話すことが苦手な方も安心してお話しできるよう、相談者様の気持ちをしっかり受けとめますので、誰かに話を聴いてほしいとき、どうしたらいいか迷った時、一緒に考えてほしいとき、心が疲れたときは、女性のためのやさしい電話相談を、ぜひご利用ください(愚痴もお聴きします。男の心理もわかりやすく説明します)。