元旦那が再婚したら養育費は支払ってもらえない?

元旦那が再婚したら養育費は支払ってもらえない?

来月離婚する予定です。

養育費の金額などはすべて決まっていますが、旦那が、「俺が再婚して 家族ができたら、養育費は払わなくていいんだからな」と言ってきます。

旦那の言っていることは本当でしょうか?

また、公正証書をつくる場合離婚の前と後、どちらがいいでしょうか?

元夫が再婚しても養育費の支払い義務はある

旦那さんに、再婚したら養育費は支払わないと言われ、心配されているのかもしれませんね。

旦那さんが再婚して家族ができたとしても、あなたとの間に生まれた子どもの扶養義務はなくならないので、養育費を支払わなくてもいいということにはなりません。

逆に、あなたが再婚して子どもたちと新しい旦那さんが養子縁組をすると、基本的には旦那さんは養育費を支払わなくてもいいことになります。

※正しくは、元旦那さんは新しい旦那さんの次の扶養義務者になります。

いずれにしても、そのときの経済状況などにもよりますので、絶対に支払い義務があるとは言い切れないのですが、再婚しただけでは支払いを逃れることはできませんし、

例えば「再婚したら養育費を減額する」とか「再婚したら養育費の支払いはストップする」などの約束も無効です※公正証書にも記載できません)。


養育費の確保は公正証書が安心

公正証書を作成した場合、旦那さんが離婚後に再婚して子どもが生まれ家族ができたとき、万一、旦那さんが養育費の支払いを勝手にストップした時は、給与などを差し押さえることができますし、

旦那さんから養育費を減額してほしいと要望があったときは、話し合いで決めればいいと思います。

もしあなたが減額に応じないときは、旦那さんは家庭裁判所に養育費の減額請求について調停を申し立てるしかなくなってしまいます。一度決まった養育費の変更はかなり難しいので、今あなたが心配する必要はないでしょう。

ですから、先のことはあまり心配せずに早めに公正証書をつくる準備をしましょう。

公正証書は離婚届を出した後だと旦那さんが応じてくれない場合もありますので、離婚届を出す前につくっておいた方が安心だと思います。

女性のためのやさしい電話相談開催中。

離婚や夫婦関係のこと、別居や不倫・慰謝料のことで、どうしたらいいか悩んでいませんか。
“女性のためのやさしい電話相談”は、60分3,500円で全国どこからでも、何度でも利用できる女性限定の電話相談です。
話すことが苦手な方も安心してお話しできるよう、相談者様の気持ちをしっかり受けとめますので、誰かに話を聴いてほしいとき、どうしたらいいか迷った時、一緒に考えてほしいとき、心が疲れたときは、女性のためのやさしい電話相談を、ぜひご利用ください(愚痴もお聴きします。男の心理もわかりやすく説明します)。