養育費を支払わない元夫に子どもを会わせたくない。方法はありますか?

養育費を支払わない元夫に子どもを会わせたくない。方法はありますか?

去年の6月から養育費の支払いがストップし、連絡もない状態で新しい年を迎えました。

元旦那は養育費を払わないくせに、私に隠れて子どもと何回か電話で話していました。

離婚する前から子どもには優しい人だったので、子どもたちに会いたかったのだと思います。

生活も苦しかったので、元旦那の家に乗り込み、「子供たちのことが好きならきちんと払ってほしい」と伝えました。

それから1ヵ月過ぎても連絡はなく、私から電話しても取ってもらえらえず・・・。

その後、元旦那を待っていたらいつになるかわからないので、養育費の調停を申し立てようと、元旦那の戸籍謄本を取ったら3ヵ月前に結婚していたことが判明。

すぐに元旦那に電話して、「二度と子供に会わないで!」 と言いました。

元旦那には、きちんと養育費を払うか、払わないなら、今後一切子どもと会わせないようにする方法はありますか?

ちなみにまだ調停は申し立てていません。

父親も子どもが大好きな人が多い

養育費を払わないなら、子どもたちと一切会わせたくないという、あなたの気持ち。

母親として、義務を果たしてくれない元旦那さんに対して、怒りの感情をもってしまうのは、当然かもしれません。

でも、養育費のことはちょっと置いといて、子どもたちのお父さんに対する気持ちはどうでしょうか?

元旦那さんは、子どもたちのことが大好きなように感じましたし、子どもたちも、そんなお父さんが大好きなのではないでしょうか。


子どもの気持ちを確認してみよう

子どもたちと元旦那さんとの面会を親が勝手に中止してしまうと、子どもは不安になってしまいます。

子どもたちに「お父さんと最近会ってないけど会いたい?」とか、「お父さんと今度会えたら、どこへ行きたい?」とか聴いてみてもいいですし、子どもの性格によってはストレートに質問すると不審に思ってしまう場合もありますので、それとなく遠まわしに聞いてみるといいでしょう。

子どもたちの父親に対する会いたい気持ちや、会えなくてさびしい気持ちを確認できたら、それから父親との面会方法について考えてみてはいかがでしょうか。

子どもたちの気持ちがわかったら、元旦那さんに会わせない方がいいか会わせた方がいいか、優しいあなたならきっとわかるはずです。


養育費の未払いと面会交流は別の問題

家庭裁判所は、養育費を支払えないことと、子どもと離れて暮らす父親が会うことは、原則として関係のないことと考えています。

ですから、養育費の支払いがストップしているという理由だけで面会交流を中止することは非常に難しいと思います。

元旦那さんが、養育費の支払いをストップしてしまったのは、新しい奥さん、新しい家族ができたことが要因かもしれません。

人を責めるのはとても簡単です。

でも、責めたからといって、必ず支払ってもらえるものでもないのも現実です。

元旦那さんも、再婚相手との関係でいろいろと悩んでいるのかもしれません。

もう一度、元旦那さんに払えなくなった理由をやさしく聴いてあげてみてはいかがでしょうか。

そして、どうしたら払えるようになるか、一緒に考えてみてはどうでしょうか。

ちゃんと話し合った上であなたが納得できないとき、家庭裁判所に養育費の調停を申し立ててみた方が私はいいような気がします。

女性のためのやさしい電話相談開催中。

離婚や夫婦関係のこと、別居や不倫・慰謝料のことで、どうしたらいいか悩んでいませんか。
“女性のためのやさしい電話相談”は、60分3,500円で全国どこからでも、何度でも利用できる女性限定の電話相談です。
話すことが苦手な方も安心してお話しできるよう、相談者様の気持ちをしっかり受けとめますので、誰かに話を聴いてほしいとき、どうしたらいいか迷った時、一緒に考えてほしいとき、心が疲れたときは、女性のためのやさしい電話相談を、ぜひご利用ください(愚痴もお聴きします。男の心理もわかりやすく説明します)。