離婚した元夫を私の遺産相続にかかわらせたくない。

離婚した元夫を私の遺産相続にかかわらせたくない。

私は、3ヵ月前に子どもを連れて離婚しました。

元夫が嫌で、姉を頼って遠く離れた土地で今は暮らしています。

元夫とは、一生かかわりたくないので養育費ももらっていませんし、私が住んでいる場所も元夫は知りません。

私が亡くなったとき、離婚した元夫を私の遺産の相続に一切関わらせたくありません。

遺産は全部私の子供に相続させたいと思っています。

私の子どもは、まだ10歳です。

今から準備をしておくことはありますか?

離婚をすれば配偶者に相続する権利はなくなります

元旦那さんとの結婚生活は、あなたにとって、嫌な思い出ばかりなのかもしれませんね。

辛いことがたくさんあったのかもしれませんね。

離婚をすると、元旦那さんはあなたの財産を相続することはできませんので、心配しなくても大丈夫です。

どうしても心配なときは遺言書をつくって、「私の財産はすべて長男の太郎に相続させる」と書いておき、さらに遺言執行人という人を2人ほど指定しておくと安心だと思います。

それでも不安が消えないようであれば、遺言書の中に、お姉さんや親をお子さんの後見人に指定することを書いておくといいと思います。

たとえばお姉さんが後見人になったら、お子さんの財産をお姉さんが管理することができるので、安心ですよね。

できれば遺言書は公正証書にしてくださいね。

自分で書いた遺言書だと、あなたが亡くなった後で家庭裁判所で、検認をしてもらわないといけないのですが、公正証書は家庭裁判所に行く必要もなく、また、証拠能力が高いので、もめる可能性も少なくなります。

とりあえず離婚をしたら、元旦那さんが相続にかかわることは基本的にはできないので、あまり心配しなてくも大丈夫だと思います。


女性のためのやさしい電話相談開催中。

離婚や夫婦関係のこと、別居や不倫・慰謝料のことで、どうしたらいいか悩んでいませんか。
“女性のためのやさしい電話相談”は、60分3,500円で全国どこからでも、何度でも利用できる女性限定の電話相談です。
話すことが苦手な方も安心してお話しできるよう、相談者様の気持ちをしっかり受けとめますので、誰かに話を聴いてほしいとき、どうしたらいいか迷った時、一緒に考えてほしいとき、心が疲れたときは、女性のためのやさしい電話相談を、ぜひご利用ください(愚痴もお聴きします。男の心理もわかりやすく説明します)。