養育費が払えなくなって困っています。どうしたらいいでしょうか。

養育費が払えなくなって困っています。どうしたらいいでしょうか。

3年前に元妻と調停離婚しました。

離婚調停で養育費を毎月6万円支払うことになったので何とか支払ってきましたが、この不景気で残業がなくなり手取りで毎月13万円くらいしかなく、6万円全額を支払えなくなったので、3ヵ月前から4万円を元妻に振り込んでいました。

ところが先日、元妻から「きちんと支払ってください。払わなかったら給与を差し押さえます」というメールがきました。

家庭裁判所に 養育費の減額を求める調停を起こしたくても、遠く離れたところに住んでいるため、調停もできず。

養育費は給料の2分の1まで差押さえられると聞いたのですが、そうなると、毎月7万円で家賃を支払い生活をしていけということですか?

法律ってそんなに厳しいものなのでしょうか?

まじめに働いているのに、なんだか、やりきれないです。

差押えに心配するよりしっかり話あうことが大切

不景気で給与が減ってしまい、生活が苦しい中でも何とか4万円支払っているあなたは、とてもまじめな方だと思いますし、子どものことをしっかり考えているように感じます。

しかし、見方を変えると同じように元奥さんも養育費が減ったために、または何らかの事情で生活が苦しくなっているのかもしれませんよね。

あなたも感じているように、2万円という金額はかなり家計にひびくと思います。

あなたは、養育費をきちんと支払えない理由を、元奥さんがわかりやすいように伝えてみましたか?

元奥さんが感情的になっているのは、あなたがウソをついていると思っているからではないでしょうか?

例えば、過去1年間の給与明細をコピーして、家賃や光熱費、携帯代などで生活が厳しいことをきちんと伝え、話し合ってみてはどうでしょうか。

私の経験から、きちんと伝わっていない、しっかり話し合っていないことが原因で、もめるケースが多いです。

元奥さんがわかりやすいように、支払えない理由を説明することが一番大切だと思います。

確かに、養育費の場合は、給与の2分の1まで強制的にとることができるので、元奥さんが差押さえの手続きをしたらと考えると、とても不安だと思います。

元奥さんが裁判所で差押さえの手続きをすることを心配するより、元奥さんと話し合う方法を考え、行動に移すことが大事ではないでしょうか。

心を込めて誠実に対応すれば、元奥さんもきっと分かってくれるはずですし、逆に協力してくれるかもしれません。

話し合った結果、養育費の金額が決まらない場合は遠方で大変かもしれませんが、やはり調停を利用されることが一番だと思います。

諦めずに、がんばってくださいね。

女性のためのやさしい電話相談開催中。

離婚や夫婦関係のこと、別居や不倫・慰謝料のことで、どうしたらいいか悩んでいませんか。
“女性のためのやさしい電話相談”は、60分3,500円で全国どこからでも、何度でも利用できる女性限定の電話相談です。
話すことが苦手な方も安心してお話しできるよう、相談者様の気持ちをしっかり受けとめますので、誰かに話を聴いてほしいとき、どうしたらいいか迷った時、一緒に考えてほしいとき、心が疲れたときは、女性のためのやさしい電話相談を、ぜひご利用ください(愚痴もお聴きします。男の心理もわかりやすく説明します)。