離婚の際、結婚前に貯めたお金はどうなるでしょうか?

離婚の際、結婚前に貯めたお金はどうなるでしょうか?

現在、妻と離婚協議中です。

2年前に住宅を購入しました。

購入にあたり、妻が結婚前に貯めていた600万円を頭金として支払い、その後の住宅ローンは私が毎月支払っています。

妻は、離婚をしたら600万円を返せと言ってくるのですが、返さないといけないものなのでしょうか?

ちなみに、住宅は離婚後も妻が住み、私が継続して住宅ローンを支払うことになっています。

離婚時の共有財産の分与

離婚後も住宅に奥さんが住み続け、あなたは住宅ローンを完済まで支払うことになったのですね。

もしかすると、あなたの方が離婚原因をつくったので、奥さんからの要望に対して素直に応えているのか、養育費を減らしたり慰謝料の代わりに、住宅ローンを負担することになったのかもしれませんね。


結婚前の自分のお金は特有財産

夫や妻が離婚前に貯めたお金や動産、不動産のことを特有財産といいます。

基本的に現金がそのまま預貯金として残っている特有財産であれば、財産分与の対象にはなりません。

しかし、あなたの奥さんの場合、住宅購入の頭金に600万円を支払ったので、この600万円は奥さんの特有財産ではなく、

夫婦共同で築いた「住宅」という夫婦の共有財産に変わってしまったんですね。

ですから、原則として返す義務はありません。

ただし、あなたが返したければ返してあげても問題はないのですが、離婚後も住宅ローンを払い続け、住宅に住むのは奥さんで、あなたには何も残らないわけです。

あなたの生活がどうなるか心配です。

勇気を出して、奥さんとしっかり話し合ってみてましょう。