離婚のとき退職金も財産分与できますか?

離婚のとき退職金も財産分与できますか?

夫は公務員です。

現在、離婚協議中で財産分与のことでもめています。

私は、退職金も財産分与に含めると言っているのですが、夫は退職金は離婚後にもらうものだから財産分与に含める必要はないといって、まったく聞いてくれません。

夫の言っているのことは正しいのでしょうか?

退職金も財産分与の対象になります

財産分与とは婚姻期間中に夫婦がお互いに協力してつくった財産を、離婚のときに分けることをいいます。

退職金は、離婚後にもらうことが多いため財産分与の対象となることに気づかない方や、夫婦間での話し合いで意見のくい違いがあるなど、退職金の分け方に困っている方が多いように感じています。

基本的には退職金も財産分与することができるので、あなたも、結婚の年数やご主人が勤務した年数などに応じて、離婚後、ご主人が退職したときにご主人が受け取った退職金の中から離婚のときに決めた割合の金額を、支払ってもらうことができます。

感情的にならずに、冷静にあなたの気持ちを伝えればご主人もきっとわかってくれるはずです。

もう一度、時間をかけて話し合ってみてくださいね。

女性のためのやさしい電話相談開催中。

離婚や夫婦関係のこと、別居や不倫・慰謝料のことで、どうしたらいいか悩んでいませんか。
“女性のためのやさしい電話相談”は、60分3,500円で全国どこからでも、何度でも利用できる女性限定の電話相談です。
話すことが苦手な方も安心してお話しできるよう、相談者様の気持ちをしっかり受けとめますので、誰かに話を聴いてほしいとき、どうしたらいいか迷った時、一緒に考えてほしいとき、心が疲れたときは、女性のためのやさしい電話相談を、ぜひご利用ください(愚痴もお聴きします。男の心理もわかりやすく説明します)。