離婚をしたら、夫の借金も財産分与の対象になりますか?

離婚をしたら、夫の借金も財産分与の対象になりますか?

結婚して3年になる私、夫、子ども1人の3人家族です。

夫と性格や価値感が合わないので、離婚したいと思っていますが、夫には夫名義の借金があります。

借金のほとんどはカードローンで、旅行や買い物、家電製品を買うために使いました。

夫の借金も、財産分与の対象となって私も支払わなければなりませんか?

借金も財産分与の対象になります

離婚の財産分与は、プラスの財産もマイナスの財産も、すべて夫婦で分けるのが基本です。

ですから、たとえ夫名義であっても原則としてカードローンの借金も財産分与の対象になってしまいます。

※夫が勝手に借金をしてギャンブルや趣味、自分が遊ぶために使っていた場合などは夫固有の借金になりますので、原則として妻が財産分与の際に負担する義務はありません。

あなたの場合、離婚の理由が性格の不一致なので慰謝料も請求できないようですから、ご主人と話し合って財産分与の分け方を決めるしかないでしょう。

話し合いがこじれると離婚調停を考えなければならない場合もありますし、財産分与の分け方は法律のことなど気にせずに、お互いで話し合って決めれば問題はないので、冷静に話し合うことが大切です。

女性のためのやさしい電話相談開催中。

離婚や夫婦関係のこと、別居や不倫・慰謝料のことで、どうしたらいいか悩んでいませんか。
“女性のためのやさしい電話相談”は、60分3,500円で全国どこからでも、何度でも利用できる女性限定の電話相談です。
話すことが苦手な方も安心してお話しできるよう、相談者様の気持ちをしっかり受けとめますので、誰かに話を聴いてほしいとき、どうしたらいいか迷った時、一緒に考えてほしいとき、心が疲れたときは、女性のためのやさしい電話相談を、ぜひご利用ください(愚痴もお聴きします。男の心理もわかりやすく説明します)。