離婚協議書の書き方には決まりがあるのでしょうか?

離婚協議書の書き方には決まりがあるのでしょうか?
離婚協議書を自分で書きたいと思っています。

特に争っているわけではないので、公正証書にするつもりはありません。

書き方や決まりなどはあるのでしょうか?

離婚協議書に決まりはない

離婚協議書の作り方は、特に決まりがあるわけではありません。夫婦の約束として文書に残しておくイメージでいいと思います。

タイトルも、必ず離婚協議書ではなくてもいいです。合意書や契約書でも、なんでもいいんですね。

特に争いのない場合やお互い信頼し合っている円満離婚なら口約束でも簡単な文書で残しておいてもいいと思いますが、

養育費はちゃんと支払ってくれるか。

慰謝料はちゃんと支払ってくれるか。

財産分与はちゃんとしてくれるか。


などの心配があるときは、やはり法律に添ってきちんと公正証書をつくった方がいいでしょう。

公正証書にしておくと、養育費や慰謝料・財産分与などの支払がとまったとき、給与などを差し押さえることができますし、

慰謝料は離婚から3年すると時効で請求できなくなってしまいます。

また、財産分与も離婚から2年経つと請求できなくなってしまいます。

年金分割も離婚から2年経つと請求できません。

ですから、お子さんがいる方や預貯金や不動産がある方、慰謝料を支払う人、もらう人であっても、きちんと公正証書をつくった方が後でもめることもありませんし、不安が軽減されると思います。

特に、離婚後シングルマザーとして生きて行かなくてはならない女性にとっては、ある意味保険にもなりますので、離婚届を出す前にぜひ、公正証書をつくってほしいと思います。