養育費の支払に夫の両親を連帯保証人にすることはできる?

養育費の支払に夫の両親を連帯保証人にすることはできる?

私28歳、夫29歳、長男4歳、次男2歳の4人家族です。

旦那が、1年前に会社を辞めて自営業を始め、家に5万円しか入れなくなりました。

半年前には顔を殴られ目を手術しました。

旦那は気に入らないことがあるとすぐ物にあたる癖があり、子どもの前でも壁を殴って穴を開けたり、ライターを投げて窓ガラスを割ったりしたことがあります。

こんな旦那なので、離婚したら養育費をちゃんと払うか心配です。

できれば旦那の両親に連帯保証人になってほしいと思っています。

公正証書で養育費の支払に連帯保証人をつけることはできますか?

養育費に連帯保証人をつけることは可能です

旦那さんから暴力を振るわれ、お金も5万円しか入れてもらえず、精神的につらい状態なのかもしれませんね。

離婚の約束を公正証書にして、連帯保証人をつけることはもちろんできます。

養育費は、ご主人が支払うべきものなので、専門家の間では否定的な意見もありますが、夫婦と連帯保証人になる方が合意すれば、問題なく公正証書を作成することができます。

ただ、ご主人のご両親が連帯保証人になる場合、ご主人の両親も公証人役場へ行かなくてはならないので、遠方に住んでいる場合などは、大変かもしれません。

ご主人のご両親が代理人を立てることも可能ですが、公証人役場によっては必ず本人が行かなければならない所もありますので、事前に最寄の公証人役場に確認をした方がいいでしょう。

※連帯保証人の保証期間は、連帯保証人の生存期間中に限られますので、連帯保証人が亡くなった場合、連帯保証契約が相続人に引き継がれることはありません。

女性のためのやさしい電話相談開催中。

離婚や夫婦関係のこと、別居や不倫・慰謝料のことで、どうしたらいいか悩んでいませんか。
“女性のためのやさしい電話相談”は、60分3,500円で全国どこからでも、何度でも利用できる女性限定の電話相談です。
話すことが苦手な方も安心してお話しできるよう、相談者様の気持ちをしっかり受けとめますので、誰かに話を聴いてほしいとき、どうしたらいいか迷った時、一緒に考えてほしいとき、心が疲れたときは、女性のためのやさしい電話相談を、ぜひご利用ください(愚痴もお聴きします。男の心理もわかりやすく説明します)。