再婚したら私の子どもの苗字(氏)や戸籍はどうなりますか?

再婚したら私の子どもの苗字(氏)や戸籍はどうなりますか?

私は3年前に子ども2人を連れて離婚しました。

その後、新しい男性とつき合い、来月結婚することになりましたが、子どもの苗字や戸籍はどうなるのか気になっています。

私が再婚したら、子どもはどうなりますか?

再婚した場合の子どもの氏は養子縁組で変わる

再婚して、再婚相手の彼とお子さんが養子縁組をした場合、子どもたちは、あなたと彼の子どもとして、戸籍も一緒になり、苗字もあなたや彼と同じになります。

養子縁組という制度には、“子どもの養育を全面的に引き受ける”という意味があるので、彼は、あなたの子どもの父親として、責任もって育てていかなければならないんですね。

もちろん、養子縁組をしなくても問題はないのですが、その場合、あなたが彼の苗字と同じになっても、子どもたちの苗字は変わりません。

養子縁組をせずに子どもの氏を母親と同じ氏にするためには、家庭裁判所で「子の氏の変更許可」という申立てをして、家庭裁判所から許可が出た後、市役所へ行って、「母の氏を称する入籍届」を出せば、子どもたちも、あなたと同じ苗字にすることができます。

ただ、養子縁組をしなかった場合、再婚する彼は、子どもたちを育てる義務(扶養義務)が発生しないので、法律上の父親になることができません。

もし養子縁組せずに再婚をして、彼との間に子どもが生まれたら、彼は、あなたとの間に生まれた子どもだけの父親になってしまいます。

そうなると、子どもたちがかわいそうですよね。

ですから、再婚するのであれば、養子縁組は必ずやって氏も同時に変えた方がいいでしょう。

子どもたちのことを考えて、一番いい方法を選択することが大切ではないでしょうか。

女性のためのやさしい電話相談開催中。

離婚や夫婦関係のこと、別居や不倫・慰謝料のことで、どうしたらいいか悩んでいませんか。
“女性のためのやさしい電話相談”は、60分3,500円で全国どこからでも、何度でも利用できる女性限定の電話相談です。
話すことが苦手な方も安心してお話しできるよう、相談者様の気持ちをしっかり受けとめますので、誰かに話を聴いてほしいとき、どうしたらいいか迷った時、一緒に考えてほしいとき、心が疲れたときは、女性のためのやさしい電話相談を、ぜひご利用ください(愚痴もお聴きします。男の心理もわかりやすく説明します)。