離婚のとき養育費をもらわない約束をした数年後でも払ってもらえる?確実に払ってもらう方法とは。

離婚のとき養育費をもらわない約束をした数年後でも払ってもらえる?確実に払ってもらう方法とは。

私は、5年前に元夫と離婚しました。

2人の子どもの親権者は私がなり、元夫からは養育費をもらわずに、1人で育ててきましたが、今年から長男が小学生になり、私も、長時間勤務ができなくなったため、養育費を支払ってほしいと元夫にお願いをしたら、断られてしまいました。

元夫は親権者じゃないので、養育費を支払う義務はないのでしょうか?

養育費をもらわない約束をしても払ってもらえる

女性1人で子ども2人を育てるのは本当に大変だと思います。

元旦那さんへの養育費のお願いも、きっと生活に困ってきたからではないでしょうか。

親権者か、そうでないかにかかわらず、親は、子どもが社会にでるまで扶養する義務があります。

ですから、元旦那さんは養育費を支払わなければなりません。

たとえ、離婚のときに「養育費はもらわない」という約束をしていても、養育費の請求には応じなければならないのです。

専門用語では「生活保持義務」といって、親は、子どもが自分と同じレベルの生活をさせなければならないんですね。

親は、自分の生活を切り詰めてでも、養育費を支払わないといけないのです。

話し合いで解決できればいいのですが、難しい場合は、家庭裁判所に養育費の調停を申し立てた方がいいでしょう。

調停で決まらなかったとしても、審判で家庭裁判所の裁判官が決めてくれるので、必ず支払ってもらえるようになります。


女性のためのやさしい電話相談開催中。

離婚や夫婦関係のこと、別居や不倫・慰謝料のことで、どうしたらいいか悩んでいませんか。
“女性のためのやさしい電話相談”は、60分3,500円で全国どこからでも、何度でも利用できる女性限定の電話相談です。
話すことが苦手な方も安心してお話しできるよう、相談者様の気持ちをしっかり受けとめますので、誰かに話を聴いてほしいとき、どうしたらいいか迷った時、一緒に考えてほしいとき、心が疲れたときは、女性のためのやさしい電話相談を、ぜひご利用ください(愚痴もお聴きします。男の心理もわかりやすく説明します)。