養育費を一括で支払ってもらうことはできますか?

養育費を一括で支払ってもらうことはできますか?

夫から養育費を一括で全額支払うので、離婚後は、一切請求しないでほしいと言われました。

将来子どもが病気をしたり、私立の中学・高校・大学へ進学したときのことを考えると、一括で支払ってもらうと後で後悔するような気がしています。

養育費を一括で支払ってもらうことは可能でしょうか?

養育費は原則として毎月払い

ご主人から養育費の一括払いを提案されて悩んでいらっしゃるんですね。

養育費は、子どもを育て教育をしていくために必要は費用です。子どもは日々成長していきますが、将来、塾へ通ったり私立の中学・高校・大学へ進学したり、と予測がつかないので、月払いにするのが原則です(裁判例より)。

ただ、夫婦がお互いで一括払いの合意をした場合は、夫婦の約束を優先してもかまわないので、養育費の一括払いもOKです。

一括払いの場合、将来受け取る養育費を前もって支払ってもらうので、月払いで計算した金額より、少なくなります(中間利息の控除といいます)。


一括払いの後の請求は難しい

また、たとえ養育費を一括で支払ったとしても、ご主人の子どもを扶養する義務がなくなるわけではないので、あなたが心配しているようなことが将来起こったときは、養育費の請求をすることはできるんですね。

ただし、養育費を請求する場合は、そのときの事情や相手が応じてくれるかどうかによっても違ってきますので、実際に支払ってもらえるかは判断が難しいところです。

ちなみに、養育費を一括で支払ってもらったあとで、子どもが私立の学校や学習塾などに通ったため養育費が足りなくなったという理由で、元夫に養育費の請求をしたところ、養育費の請求を認めなかった事例(裁判例)もあります。

月払いと一括払い、子どもにとってどちらがいいか冷静に判断して決めた方がいいでしょう。

女性のためのやさしい電話相談開催中。

離婚や夫婦関係のこと、別居や不倫・慰謝料のことで、どうしたらいいか悩んでいませんか。
“女性のためのやさしい電話相談”は、60分3,500円で全国どこからでも、何度でも利用できる女性限定の電話相談です。
話すことが苦手な方も安心してお話しできるよう、相談者様の気持ちをしっかり受けとめますので、誰かに話を聴いてほしいとき、どうしたらいいか迷った時、一緒に考えてほしいとき、心が疲れたときは、女性のためのやさしい電話相談を、ぜひご利用ください(愚痴もお聴きします。男の心理もわかりやすく説明します)。