離婚のとき養育費を請求しないという約束はできますか?

離婚のとき養育費を請求しないという約束はできますか?

夫と離婚の話し合いをしています。

夫は、子ども2人の親権を譲るかわりに、

養育費は請求しないという約束を公正証書にしたいといっています。

養育費を請求しないという約束はできるのでしょうか?

養育費を請求しないという取決めは無効?

子どもの親権をかけ引きに使うのはあまり賛成できませんが、とりあえずお答えしたいと思います。

結論からいうと、子どもにとって特別問題がなければ、裁判所も認めています。

ただし、請求しないという約束をしても、離婚後、奥さんが仕事を失ったり、経営していた店がつぶれてしまったり、病気になってしまったりして、経済的に苦しくなったときなど。

子どもが重い病気になったり、事故で障害を負ったりしたときなどや、子どもを育てるため費用が増えたりしたときは、家庭裁判所に養育費の調停を申し立てて、養育費を支払ってもらうことができます。

ですから、公正証書で約束をしたからといっても、永遠に養育費を請求できないわけではないんですね。

未来のことは誰にもわからないので、当然ですよね。


養育費の負担を公正証書に記載する方法

公正証書にする場合、「妻は夫に養育費を請求しない」という表現で入れることはできません。離婚協議書や公正証書に記載する場合は、「子どもの養育費は妻が全額負担する」という風に、「養育費は請求しない」ではなく、夫婦のどちらかが全額負担するという意味の文言を入れなければ無効になります。

お子さんがいるご夫婦の離婚は、親権と養育費でもめることが多いので、しっかり話し合うことが大切ですね。

女性のためのやさしい電話相談開催中。

離婚や夫婦関係のこと、別居や不倫・慰謝料のことで、どうしたらいいか悩んでいませんか。
“女性のためのやさしい電話相談”は、60分3,500円で全国どこからでも、何度でも利用できる女性限定の電話相談です。
話すことが苦手な方も安心してお話しできるよう、相談者様の気持ちをしっかり受けとめますので、誰かに話を聴いてほしいとき、どうしたらいいか迷った時、一緒に考えてほしいとき、心が疲れたときは、女性のためのやさしい電話相談を、ぜひご利用ください(愚痴もお聴きします。男の心理もわかりやすく説明します)。