性格が合わない夫や妻と、どうしたらいいか考えた時に知っておきたい円満解決のポイントとは?

性格が合わない夫や妻と、どうしたらいいか考えた時に知っておきたい円満解決のポイントとは?
夫や妻と性格が合わないと感じた時、あなたならどうしますか?

すぐに離婚を切り出しますか?

それとも考えて、もっと考えて、さらに考えて悩んでから結論を出しますか?


性格の不一致は離婚原因のトップ

日本の離婚原因の第一位は、性格の不一致です。日本の離婚の約90%が協議離婚ですが(お互いで話し合って離婚すること)、そのほとんどが性格が合わないために離婚しているのが現状なんですね。


性格が合わないと考えた時に人がとる行動


  • とりあえず我慢して夫婦生活を続ける「我慢タイプ」

  • 相手に不満をぶつけ相手を変えようとする「アグレッシブタイプ」

  • 相手と話し合ってすり合わせる努力をする「アサーティブタイプ」


我慢タイプの人
争いごとが嫌な人や、自分よりいつも相手を優先する人、自分の気持ちを正直に言えないタイプの人は、とりあえず我慢することが多いです。

このタイプの人は温和でやさしく平和主義の人が多いので、周囲からは一見やさしい人と見られることが多いのですが、我慢を重ねていくと突然「離婚したい」と言うことがあり、一度決めたら頑固に言い通します。

このタイプの人と結婚したときは、我慢させないことが大切ですし、自分がこのタイプの場合は絶対に我慢しないこと、相手に不満があるときは日々の生活の中で小出しして溜め込まないようにすることが大切といえるでしょう。


アグレッシブタイプの人
アグレッシブタイプの人は、自分の悪いところは蓋をして、相手の気に入らないところだけを攻撃的に攻める傾向があります。

このタイプの人は、自分が一番正しいと思っているので、話し合うことも難しいですし、自分は変えようとせずに相手だけを変えようとするところがあるので、とても大変です。

このタイプの人と結婚したときは、相手とほどよい距離を取りながら生活をすることが大切ですし、自分がこのタイプの場合は相手のことから先に考えるように努力することが大切といえるでしょう。


アサーティブタイプの人
アサーティブタイプの人とは、自分も相手も大切にする人のことをいいます。自分の言いたいことを我慢して溜め込んで、あとでグズグズいうことも爆発することありません。

また、相手に対して攻撃的に、一方的に自分の考えを押し付けることもありません。

人間関係のコミュニケーションで最も良いといわれているタイプがアサーティブタイプの人です。

このタイプの人と結婚したときは、自分の話も聴いてくれるし、相手も自分のことを正直に話してくれるので、一緒に居てもストレスを感じないでしょう。


最後に

相手と性格が合わないと思ったとき、我慢をして自分を隠して夫婦生活を送っても、後で必ず不満が爆発します。また、アグレッシブタイプのように攻撃的に相手を攻めても、喧嘩にしかならず何の解決にもなりません。

相手と性格が合わないと思ったら、まずは自分自身の気持ちや考えを大切にして、次に相手の気持ちや考えも大切にすることが、離婚する・しない、どちらにしても押さえておきたい重要なポイントではないでしょうか。

女性のためのやさしい電話相談開催中。

離婚や夫婦関係のこと、別居や不倫・慰謝料のことで、どうしたらいいか悩んでいませんか。
“女性のためのやさしい電話相談”は、60分2,980円で全国どこからでも、何度でも利用できる女性限定の電話相談です。
話すことが苦手な方も安心してお話しできるよう、相談者様の気持ちをしっかり受けとめますので、誰かに話を聴いてほしいとき、どうしたらいいか迷った時、一緒に考えてほしいとき、心が疲れたときは、女性のためのやさしい電話相談を、ぜひご利用ください(愚痴もお聴きします。男の心理もわかりやすく説明します)。