親の養育態度で子どもが変わる!知っておきたい20のこと。

親の養育態度で子どもが変わる!知っておきたい20のこと。
こんにちは、平良です。
普段の家庭生活の中で、また夫婦関係が悪くなったときなど、親の養育態度や日頃の何気ない親の姿は、子どもの成長や心に大きな影響を与えることがあります。

親の態度と子の姿



  • 家庭に笑いがある明るい表情の子どもになる。

  • 家庭でも会話が多い自分を表現できる子どもになる。

  • 親がよく愚痴を言う明るさのない子どもになる。

  • 親が怒りっぽい怒りっぽい子どもになる。

  • 親が厳しすぎるおどおどした子どもになる。

  • 親子が納得するまで話し合うよく考える子どもになる。

  • 子どもの努力を認めない自信のない子どもになる。

  • 子どもを甘やかすわがままな子どもになる。

  • 子どもと一緒に感動するやる気のある子どもになる。

  • 親が子どもの話を聞かない親の言うことを聞かない子どもになる。

  • 叱るべき時に叱らないルールを知らない子どもになる。

  • 子どもをよくほめる積極的な子どもになる。

  • 子どもに物を与えすぎる物を大切にしない子どもになる。

  • 子どもにすぐ手をあげる弱いものいじめをする子どもになる。

  • 自信のない親の姿を見せる大人をバカにする子どもになる。

  • 親が一生懸命に生きている生き生きとした子どもになる。

  • 何かに熱中しているとき中断させない創造性豊かな子どもになる。

  • 親が本をよく読む本の好きな子どもになる。

  • 子どもの言葉を信じないうそを言う子どもになる。

  • 夫婦の仲がよい兄弟仲が良い子どもになる。


※「夫婦は「気くばり」で9割うまくいく/吉岡愛和著より」

いかがでしょうか?

「あっ、私にもあてはまる、こんなことしてたかも」という項目が1つはあったのではないでしょうか。


Check子どもは親をちゃんと見ている
親はあまり気づかないかもしれませんが、子どもは親のことをちゃんと見ています。

言葉の使い方、しぐさ、くせ、タバコの吸い方、毎晩の晩酌、電話をするときの声、夫婦の会話、etc・・・

どんな場面でもどんな時でも、子どもは親をちゃんと見ているんですね。


Check親が子どもをすり込んでいる
私たちの言葉や態度が、子どもの性格や人格形成にとても影響を与えます。特に言葉はそうです。親が汚い言葉を平気で使うと、子どもも使うようになります。

また、あれはダメ、これはダメ、あれは良い、これは良いなど、子どもの気持ちを無視して、親の価値基準を子どもに押し付けると、子どもは我慢を強いられるので、自分を出すことができなくなり、反抗的な態度をしたり、グレてしまったりすることがあります。

親の価値観を押し付けられてずっと育った人の中には、大人になってから人格に偏りが出て、浮気を繰り返す人、すぐに嘘をつく人、ギャンブルやアルコールに依存してしまう人などがいます。

実は、浮気性の人やギャンブル依存症、アルコール依存症、セックス依存症、パーソナリティー障害などは、親や家庭環境が大きく影響していることが多いんですね。


最後に

子どもたちは、親ばかりでなく周囲の大人のこともちゃんと見ています。そして子どもたちなりに考え、それを吸収したり学習したりしています。

そんな子どもたちですから、夫婦関係が悪くなるといち早く察知することができるので、良くも悪くも夫婦関係は子どもの人生に大きな影響を与える、大切な存在といえるかもしれません。

「親の態度と子の姿」ぜひ、日々の子育ての参考にしてくださいね。

女性のためのやさしい電話相談開催中。

離婚や夫婦関係のこと、別居や不倫・慰謝料のことで、どうしたらいいか悩んでいませんか。
“女性のためのやさしい電話相談”は、60分3,500円で全国どこからでも、何度でも利用できる女性限定の電話相談です。
話すことが苦手な方も安心してお話しできるよう、相談者様の気持ちをしっかり受けとめますので、誰かに話を聴いてほしいとき、どうしたらいいか迷った時、一緒に考えてほしいとき、心が疲れたときは、女性のためのやさしい電話相談を、ぜひご利用ください(愚痴もお聴きします。男の心理もわかりやすく説明します)。