離婚の財産分与には時効がある?いつまでにやればいい?

離婚の財産分与には時効がある?いつまでにやればいい?

離婚の財産分与には2年の時効があると聞きました。

離婚から2年経つと財産分与はできないのでしょうか?

財産分与は離婚のときから2年まで

財産分与は、離婚届を市役所に提出し、受理された日から2年経つと請求できなくなってしまいます。

これを、法律用語では時効ではなく「除斥期間」といいます。

簡単に説明すると、離婚から2年間しか財産分与の請求はできませんよ、という意味ですね。

離婚をした後で請求をしても、逃げられたり、話し合いに応じなかったりする場合があるので、注意が必要です。

もし相手が応じなかった場合、離婚から2年以内であれば、財産分与の調停や審判を、家庭裁判所に申し立てることもできますが、調停は話し合いがうまくいかなかったときの、最終手段と考えた方がいいでしょう。

ですから、離婚をすると決めたら、早めに準備をして離婚をするときの財産分与について話し合うことが大切です。

離婚後に揉めてトラブルにならないためにも、また安心して生活をしていくためにも、財産やお金に関することは離婚前にしっかり決めておきましょう。

女性のためのやさしい電話相談開催中。

離婚や夫婦関係のこと、別居や不倫・慰謝料のことで、どうしたらいいか悩んでいませんか。
“女性のためのやさしい電話相談”は、60分3,500円で全国どこからでも、何度でも利用できる女性限定の電話相談です。
話すことが苦手な方も安心してお話しできるよう、相談者様の気持ちをしっかり受けとめますので、誰かに話を聴いてほしいとき、どうしたらいいか迷った時、一緒に考えてほしいとき、心が疲れたときは、女性のためのやさしい電話相談を、ぜひご利用ください(愚痴もお聴きします。男の心理もわかりやすく説明します)。