妻子ある男性と不倫をして、奥さんに慰謝料を請求されました。

妻子ある男性と不倫をして、奥さんに慰謝料を請求されました。

職場の飲み会がきっかけで、同僚の男性と不倫関係になってしまいました。

早く別れないといけないことは分かっていたのですが、ずるずると付き合ってしまい、とうとう、奥さんから慰謝料200万円を請求することが書かれた内容証明が届きました。

私には貯金もないし、どうしたらいいか悩んでいます。

慰謝料を請求されたときは心を込めて謝罪すること

お酒の席でのことがきっかけとはいえ、不倫をしたこと、後悔しているのかもしれませんね。

また内容証明をもらった人は、みなさん驚きますので、不安や恐怖もあるかもしれません。

しかし、ちょっと視点を変えて、奥さんの気持ちを想像してみてください。

あなたが奥さんと同じ立場だったら、絶対に許せないはずです。

まずは、奥さんに直接会って謝ってみてはどうでしょうか。

誠意を持って対応すれば、必ずわかってくれますし、慰謝料の金額についても、あなたの希望を聞いてくれるかもしれません。

人間関係のトラブルを解決するには、コミュニケーションをとることが一番大切です。

コミュニケーションがうまくいかないから、人は、相手に対して嫌な気持ちを抱き攻撃的になるんです。

私の経験では、誠意をもって謝罪しきちんと対応すれば、すべて解決しています。

まずは、直接会って謝罪することから始めてみましょう。

女性のためのやさしい電話相談開催中。

離婚や夫婦関係のこと、別居や不倫・慰謝料のことで、どうしたらいいか悩んでいませんか。
“女性のためのやさしい電話相談”は、60分3,500円で全国どこからでも、何度でも利用できる女性限定の電話相談です。
話すことが苦手な方も安心してお話しできるよう、相談者様の気持ちをしっかり受けとめますので、誰かに話を聴いてほしいとき、どうしたらいいか迷った時、一緒に考えてほしいとき、心が疲れたときは、女性のためのやさしい電話相談を、ぜひご利用ください(愚痴もお聴きします。男の心理もわかりやすく説明します)。