絶対に後悔したくない人の離婚の準備とポイント2

絶対に後悔したくない人の離婚の準備とポイント2
こんにちは、平良です。

前回の記事に続いて、離婚の準備とポイントについて書きたいと思います。

今日も、よろしくお願いします。

前回の記事を読んでいない方は、こちらからどうぞ。


まずは思い出してみよう。

前回の記事で、離婚後の生活を想像して紙に書き出し、不安なところがあれば、

「自分で解決できること?」

「自分が努力すれば解決できること?」

「自分では解決できないけど、旦那さんや他の人に協力してもらえば解決できること?」

「自分でも他の人でも解決できないこと?」

に分けて考えること。

例えば、養育費のことが不安であれば、

自分が収入を得て不安を解消する方法(自分が努力すればできること)

旦那さんに養育費の額をあげてもらう方法(旦那さんに協力してもらう)

など、あなたの状況に応じて考え、整理することができるということをお伝えしましたね。


なぜ整理する必要があるのでしょうか?

私たち人間は、行き当たりばったりでものごとを考えていると、自分の考えがぶれてしまったり、

相手に対して、自分の気持ちや考えをはっきり伝えることができなくなってしまうことがあるからなんです。

なので、相手に離婚の話しをする前に、自分の中で気持ちの整理をしたり、離婚に対しての自分の考えを整理しておくことが絶対に必要なんですね。


気持ちを整理することは必要です。

自分の気持ちや考えを整理しないまま相手と話し合うと、相手に突っ込まれて、つい感情的になってしまい、離婚の話しが進まなくなることもあります。

話が進まなくなるどころか、争いに発展してしまう可能性もありますよね(けっこう多い)。

ポイント旦那さんと話すときの注意
男性は女性と違って、ものごとを論理的に考えるので、女性の方は、相手が納得できるように自分の考えをしっかり持って、きちんと論理的に伝えることが必要だと思います。

「あなたとはやっていけない」「とにかく嫌だから」など、女性は感情論で話すことが多いと思いますが、できる限り感情的な言葉は使わないように注意して、相手がわかるように、納得するように理由を説明しないと、なかなか理解できない人が多いものです。

「男は論理的にものごとを考える」ぜひ、覚えておいてくださいね。

女性のためのやさしい電話相談開催中。

離婚や夫婦関係のこと、別居や不倫・慰謝料のことで、どうしたらいいか悩んでいませんか。
“女性のためのやさしい電話相談”は、60分3,500円で全国どこからでも、何度でも利用できる女性限定の電話相談です。
話すことが苦手な方も安心してお話しできるよう、相談者様の気持ちをしっかり受けとめますので、誰かに話を聴いてほしいとき、どうしたらいいか迷った時、一緒に考えてほしいとき、心が疲れたときは、女性のためのやさしい電話相談を、ぜひご利用ください(愚痴もお聴きします。男の心理もわかりやすく説明します)。