夫婦関係が円満になるペットの活用法。

夫婦関係が円満になるペットの活用法。
こんにちは、平良です。

みなさんは、ペットを飼ったことがありますか?

私は、黒の柴犬を飼っています。名前は「りゅう」です(娘が名づけました)。

昨日1月15日は、りゅうの2歳の誕生日でした。

一昨年の3月にペットショップでビビっ!ときて即購入(^^)。

家に来た頃はかわいい子犬でしたが、今では大きくりっぱな大人に成長しました。


ペットには人の心を癒す効果がある?

犬や猫などの動物には、人の心をリラックスさせる効果があります。

ある調査では、犬や猫などはもちろん、熱帯魚や鳥や爬虫類などのペットは、人の心に安らぎを与え、やる気の源になるというデータもあるんですね。

また不安障害やうつなど心の病を抱えた人や、学校へ行けない子どもたちにも、ドッグセラピーは効果があります。

実際、私はボランティアで子どもたちのカウンセリングをしていたとき、愛犬のりゅうと子どもたちが触れ合うことで、徐々に元気を取り戻して登校できるようになった子どもがいましたし、

学校で先生が手を焼いていた暴れん坊の子どもが、りゅうと触れ合ったりすることで、少しずつ落ち着くようになった子どももいたんですね。


ペットが家族の絆を強くする。

今の世の中、みんな忙しいですよね。

夫は仕事で毎晩夜遅くに帰宅し、妻は子育てと家事で大忙し。子どもは学校や塾・習い事で大忙し。

このような状況では、家族がみんなで集い、みんなで共通の話題を持つことも難しいのではないでしょうか。

犬や猫などのペットは、そんな忙しい家族や共通の話題がない家族に、癒しと幸せ感を運んできてくれます。

人は共通の話題や趣味、好きなもの、好きなことがあると、仲良くなれるものです。それは家族も同じなんですね。

ペットを飼って、家族みんなでペットを愛してあげることは、家族共通の話題をつくることにつながりますし、みんなでお世話をすることで、大人も子どもたちもやさしい心が育ちます。


犬を飼うと夫婦喧嘩が減る?

不安やイライラしている時に、ペットの犬を見たり触れ合ったりすると、心が落ち着くことがあります。

わたしが柴犬の「りゅう」を飼って約2年になりますが、りゅうを飼ってから徐々に夫婦喧嘩が少なくなりましたし、家族に笑顔が増えました。

たまに口喧嘩をしても、すぐに仲直りすることが多くなりましたし、夫婦喧嘩をしても、翌日まで持ち越すことはほとんどなくなったんですね(どちらが謝るわけではなく自然にですが・・・笑)。


犬と散歩すると心が元気になる?

柴犬はとても元気な犬なので、毎日散歩は欠かせません。私だって人間ですから、元気のないとき、体調が悪いとき、悩んでいるときがあります。

でも、犬はそんなことわかりませんので、散歩に連れてってと「ワンワン」吠えまくります。

そんな時は多少体調が悪くても、ちょっと元気がなくても散歩へ行くと、脳が活性化するので、気持ちが前向きになれるんですね。

また、セラピードックを育てて、患者さんのリハビリや病気の治療に役立てている病院もあるほど、ドッグセラピーは日本にもかなり広まっています。

ずっと車椅子生活を送っていた人が歩けるようになったり、話せなかった人が言葉をしゃべるようになったり、不安障害が治ったり、ドッグセラピーで病気や怪我から回復した事例が、たくさんあるんですね。


最後に

犬や猫などのペットは、人の心に癒しと安らぎを与えてくれます。

ペットは、夫婦や家族などの人間関係を良くし、人を幸せにしてくれる、最良のパートナーなんですね。

ただ、そんな人の心を癒してくれるペットでも、夫や妻よりペットを大切にし過ぎると、夫婦仲が悪くなることもあるので、注意が必要です。

犬は本当にかわいいので、それはそれで、しかたないかもしれませんね(^^)。

女性のためのやさしい電話相談開催中。

離婚や夫婦関係のこと、別居や不倫・慰謝料のことで、どうしたらいいか悩んでいませんか。
“女性のためのやさしい電話相談”は、60分3,500円で全国どこからでも、何度でも利用できる女性限定の電話相談です。
話すことが苦手な方も安心してお話しできるよう、相談者様の気持ちをしっかり受けとめますので、誰かに話を聴いてほしいとき、どうしたらいいか迷った時、一緒に考えてほしいとき、心が疲れたときは、女性のためのやさしい電話相談を、ぜひご利用ください(愚痴もお聴きします。男の心理もわかりやすく説明します)。