離婚調停をする時に弁護士を雇ったときのメリットとデメリットを考えてみた。

離婚調停をする時に弁護士を雇ったときのメリットとデメリットを考えてみた。
こんにちは、平良です。

離婚を考えて夫婦で話し合いをするも、お互いに歩み寄ることができず協議離婚が難しくなり、離婚調停を考える方も多いと思います。

中には、調停に弁護士を代理人として依頼するか迷う方もいるでしょう。

今日は、離婚調停をする時に弁護士に依頼した場合のメリットとデメリットを書きたいと思います。


離婚調停は話し合いの場所

離婚調停は、夫婦が離婚をするかしないか、離婚をするなら子どもの親権は?養育費は?慰謝料は?財産分与はどうするか、という取り決めを、調停員を介して話し合う場所です。

普通の人はめったに経験することがないので、心配される方もいると思いますが、調停は裁判官が決めることはありませんし、あくまでも話し合いですから、自分たちだけでも十分できるんですね。

ただ、自分の考えをまとめてうまく伝えることができない人や、相手が頭のキレる人で何かを企んでいて負けそうな場合、ほぼ間違いなく裁判に進むことが予想できる場合などは、弁護士さんにお願いした方がいい場合もあります。


弁護士に依頼するメリット


  • 離婚調停に一緒に出席して発言してくれる。

  • 法律的な問題も弁護士がいれば安心。

  • 調停期間中に相手からの嫌がらせなどがなくなる可能性が高くなる。

  • 不安になったら相談に乗ってくれるかもしれない。

  • 本気だということを相手に伝える力が強くなる。



弁護士に依頼するデメリット


  • お金がかかる。

  • 相手も弁護士を頼む可能性がある。

  • 法律的な問題での争いになる可能性がある。

  • 調停が不成立になったら費用がもったいない。

  • 相性が合わない場合もある。

  • 相手も意地になって争ってくる可能性がある。



弁護士に依頼した方がいいと思うタイプの人

気が小さくて自分の気持ちや考えを他人に話すのが苦手な人や、不安で不安でたまらない人は、弁護士さんと一緒に調停に出た方がいいかもしれません。

私のお客様の旦那さんは、超モラハラ夫で、人の話を聞かないタイプ。奥さんを奴隷のように扱う人だったので、お互いの両親や兄弟、家族が全員で離婚をすすめても、離婚に応じない旦那さんでした。

裁判をしても絶対に離婚しないと旦那さんは言い続けたので、協議離婚は無理だとあきらめ、私の紹介で弁護士さんを代理人として離婚調停を申し立てたところ、調停2回目までは離婚に応じなかったのですが、3回目で離婚に応じ、4回目の調停で無事離婚が成立しました。


この女性の場合は、相手がとにかく超モラハラ夫で、まったく話し合いにならないことから、妻の気持ちは本気なんだぞ!という意思表示もかねて弁護士さんにお願いをしたんですね。

ですから、超モラハラ夫やDV夫などの場合、離婚調停を弁護士さんに依頼すると、離婚に応じてくれる可能性が高くなるといえるでしょう。


最後に

多くの離婚問題を見てきて思うのは、離婚調停は自分で十分にできるということです。

調停の知識がない人は本を読んだり専門家に相談をして、離婚調停や離婚に関する法律知識を身につけてやり方を学べば、間違いなく離婚調停は乗り切れるといえるでしょう。

私のお客様もそのほとんどが自分で調停を申し立てて、最後まで自分でがんばっている方がたくさんいるんですね。

でも、相手が超モラハラ夫や怖くて何をするかわからないDV夫などの場合は、女性を見下している可能性があるので、自分1人だけだとどうしても不安な方や、サポートをしてくれる人がいないときは、弁護士さんに依頼した方が安心して調停に望むことができると思いますね。

女性のためのやさしい電話相談開催中。

離婚や夫婦関係のこと、別居や不倫・慰謝料のことで、どうしたらいいか悩んでいませんか。
“女性のためのやさしい電話相談”は、60分3,500円で全国どこからでも、何度でも利用できる女性限定の電話相談です。
話すことが苦手な方も安心してお話しできるよう、相談者様の気持ちをしっかり受けとめますので、誰かに話を聴いてほしいとき、どうしたらいいか迷った時、一緒に考えてほしいとき、心が疲れたときは、女性のためのやさしい電話相談を、ぜひご利用ください(愚痴もお聴きします。男の心理もわかりやすく説明します)。