離婚後に夫の不倫が発覚、公正証書を作成した後でも慰謝料を請求できる?

離婚後に夫の不倫が発覚、公正証書を作成した後でも慰謝料を請求できる?
離婚の際に子どもの親権や養育費、慰謝料、財産分与などの取り決めを公正証書で約束すると、公正証書は確定判決と同じ効力(裁判で決まったことと同じちから)がありますので、原則として簡単に公正証書で取り決めたことをやり直すことはできません。

簡単にやり直すことができたら公正証書の意味がなくなってしまいますよね。

しかし、場合よっては公正証書を作成したあとでも、慰謝料を請求できる場合があるのです。


やっぱり公正証書をつくった後は慰謝料を請求できない?

よくあるケースが夫婦関係は破綻していないのに、一方的に旦那さんから離婚をしたいと強く言われて仕方なく離婚に応じ、離婚後に元旦那さんの不倫が発覚するというケースです。

だいたい明確な理由もなく離婚を急いでいる場合、不倫をしていることが多いですね。

こういった場合、いくら公正証書で離婚の条件を取り決めていたとしても、悪いのは元旦那さんですから、元奥さんにとっては理不尽だと思います。

確かに、離婚の際に公正証書をつくって慰謝料の取り決めをして、「お互いにこれ以上理由を問わずいかなる請求もしない」という約束をしていたら、慰謝料を請求できるのか迷ってしまうのは当然です。

でも、離婚の時、公正証書をつくった時に元旦那さんが不倫していたことを知らなかった場合、証拠がきちんとあれば堂々と請求できるんですね。


不倫相手にも請求できる?

不倫は法律用語で不貞行為といって、不貞行為は元旦那さんと不倫相手の2人が共同で責任を負わなければなりません。

ですから、元旦那さんはもちろん、たとえ離婚が成立した後でも不倫相手に慰謝料を請求することはできるのです。


離婚の原因が元旦那さんの不倫だったら?

離婚した原因が元旦那さんの不倫にあったとしたら、不倫相手の女性は婚姻関係を破綻させたと考えられるので、慰謝料は通常の不貞行為に比べて金額が高くなります。

不倫したことで離婚までさせてしまった責任は、裁判所も重くみるんですね。


慰謝料を請求できない場合もある?

元旦那さんに対しては、離婚から3年以内に慰謝料を請求しないと時効にかかって請求できなくなってしまいますが、元旦那さんが時効の援用(時効なので私は支払う義務はありませんよということ)をせずに、支払いに応じてくれた時は、それはそれでOKです。

また、元旦那さんが不倫したときに、すでに夫婦関係が破綻していた場合、例えば長期間別居状態にあったとか、お互いに夫婦関係は終わっていると思っていたとか、離婚に合意していた後などには、慰謝料は請求できないので注意が必要ですね。


まとめ

離婚の際につくった公正証書は、原則としてやり直すことはできません。

しかし、離婚のときには知らなかった不倫の事実が発覚した場合、元旦那さんにも不倫相手の女性にも、2人に対して慰謝料を請求することができるんですね。もちろん、慰謝料を請求するからには、相手側が納得するような証拠が必要です。

早とちりして失敗しないように、また感情だけで先走ってしまわないように、慰謝料を請求するときは、しっかりと準備をしましょう。

女性のためのやさしい電話相談開催中。

離婚や夫婦関係のこと、別居や不倫・慰謝料のことで、どうしたらいいか悩んでいませんか。
“女性のためのやさしい電話相談”は、60分3,500円で全国どこからでも、何度でも利用できる女性限定の電話相談です。
話すことが苦手な方も安心してお話しできるよう、相談者様の気持ちをしっかり受けとめますので、誰かに話を聴いてほしいとき、どうしたらいいか迷った時、一緒に考えてほしいとき、心が疲れたときは、女性のためのやさしい電話相談を、ぜひご利用ください(愚痴もお聴きします。男の心理もわかりやすく説明します)。