別居した後で不倫した夫から離婚の請求は認められるでしょうか?

別居した後で不倫した夫から離婚の請求は認められるでしょうか?
こんにちは、平良です。

別居後に、夫が不倫をするという事例はよくあります。中には、別居前から交際していて別居後に夫が不倫相手を家に連れ込んで、不倫発覚。というケースもあります。


別居は夫婦関係が破たんしたとみなされる?

夫婦関係が破綻した後(やり直すことが難しいこと)に、旦那さんが奥さん以外の女性と不貞行為(一般的には不倫や浮気といいますね)をした場合、旦那さんは責任を負う必要がないというのが、法律の考え方です(裁判所の判断です)。

不倫相手に慰謝料を請求したら、旦那さんと相手の女性が依頼した弁護士から「夫婦関係が破たんした後の不貞行為は、慰謝料を支払う義務はありません」という回答をもらう方もいます。

別居期間中の不倫は、夫婦関係が破たんしているか否かで離婚が認められるか、また慰謝料の支払いにも大きく影響するため、時には裁判をしてまで争う方がいるんですね。


別居は破綻とみなされるのでしょうか?

別居にも夫婦それぞれいろんな理由があります。

  • 夫婦関係をやり直すための冷却期間としての別居。

  • とりあえず怒りが爆発したので、夫に反省してもらうための別居。

  • 夫は離婚に合意していないが、妻は離婚したいので、妻だけが考えた離婚を前提とした別居。

  • 暴力を振るうので、身の安全を守るための別居。

  • 育児が大変なので、奥さんが実家に帰って育児をする別居。


このように、別居にも夫婦それぞれ事情や考えがあり、単純に別居=夫婦関係が破綻とはならないわけです。


裁判例をみてみると・・・

別居後、他の女性と肉体関係をもった夫から起こした離婚裁判の事例があるのですが、この裁判では、夫が他の女性と不貞行為をしたのは夫婦関係が破綻した後であったと認め、離婚が成立しています。

裁判官は、不貞行為や別居の問題ではなく、夫に対して奥さんからの異常で冷酷な虐待があったとして、そもそも夫婦関係は破綻していたと認めているので、結局、夫婦関係が破綻しているかどうかは浮気うんぬんではなく、夫婦の間に結婚生活を継続できないような、何か重大なことが起きていたかどうかがポイントなんですね。


どこから破綻か難しい。

結局、どこまでなら破綻していないか、どこから、どうなったら破綻なのか判断するのは専門家でも難しい問題ですし、裁判官によっても判断が違ってきますので、

協議離婚の段階で、相手が離婚を承諾してくれないときは、破綻しているかの議論をするよりも、『純粋に相手のこんな行為で心が傷ついた』という主張をした方が、相手の心に響きやすいと思います。


最後に

夫婦関係が破綻しているかどうかは、裁判官でも判断することは難しいので、一般の人が離婚の話し合いをするときや、不倫の慰謝料で交渉するときなどは、できるだけ口にしない方がいいでしょう。

また、必ずしも別居=破綻ではありませんので、別居してすぐに他の異性と深い関係になるのは、絶対にやめた方がいいですね。

女性のためのやさしい電話相談開催中。

離婚や夫婦関係のこと、別居や不倫・慰謝料のことで、どうしたらいいか悩んでいませんか。
“女性のためのやさしい電話相談”は、60分3,500円で全国どこからでも、何度でも利用できる女性限定の電話相談です。
話すことが苦手な方も安心してお話しできるよう、相談者様の気持ちをしっかり受けとめますので、誰かに話を聴いてほしいとき、どうしたらいいか迷った時、一緒に考えてほしいとき、心が疲れたときは、女性のためのやさしい電話相談を、ぜひご利用ください(愚痴もお聴きします。男の心理もわかりやすく説明します)。