日本で一番離婚率が高い県は沖縄県。その理由とは?

日本で一番離婚率が高い県は沖縄県。その理由とは?

日本で一番離婚率の高い県は沖縄県

みなさんは沖縄県といえば、どんなイメージをもっていますか?

青くてきれいな海。

ゆっくり流れていく時間。

おおらなか人柄と沖縄のおばぁー。

どっからともなく聞こえてくる沖縄民謡とサンシンの音色。

沖縄そば・ソーキそば・やぎ汁・ゴーヤー・ラフテー

ちんすこう・サーターアンダギー・美ら海水族館・・・。

そんないいイメージばかりの沖縄県。

ところが、2011年の厚生労働省の調査によると、日本で一番離婚率が高いのは「沖縄県」だったんですね。


離婚率トップ10

1位:沖縄

2位:大阪

3位:北海道

4位:福岡

5位:宮崎

6位:東京

7位:和歌山

8位:埼玉

9位:千葉

10位:神奈川


私は生まれも育ちも沖縄県。

“純うちな~んちゅ”です(笑)。

この結果をみてちょっと残念に思いますが、みなさんの出身県はトップ10に入ってますか?

Check他にもあった沖縄県のワースト3

実は、離婚率が高いことのほかにも、沖縄県にはこんな特長があるんです(涙)。


失業率が高い

沖縄県は、離島県なので産業が発展しにくく、観光産業に頼っているところが大きいためか、失業率は毎年トップ3に入っています。


仕事が少ない

青い海、青い空があるのに、仕事が少ない県なんですね。有効求人倍率は、ほぼ毎年トップ3に入っています。


DVが多い

南の島に住む人の特長、「おおらか」のイメージを覆す、DV発生率ワースト1位は、なんと沖縄県なんです。


平均賃金が低い。

沖縄は住みやすくて、県民もやさしくて親切な人が多いのですが、平均賃金が日本一低いので、けっこう経済的に大変なんですね。
なので多重債務者や悪徳商法に騙される人が多いといわれています。


子どもの出生率が高い。

これはワーストではなく良いことなのですが、沖縄県は、仕事も少なく、賃金も安く、失業率も高いのに、子どもの出生率は日本で一番高い県です。


まとめ

日本で一番離婚率が高い県は「沖縄県」。

離婚率が高い理由は、失業率が高い・仕事が少ない賃金が低い・DVが多い・多重債務者が多い・出生率が高いおおらかな人柄のため離婚に肯定的など、離婚率が高い理由には、いろいろな事情がありそうですね。

女性のためのやさしい電話相談開催中。

離婚や夫婦関係のこと、別居や不倫・慰謝料のことで、どうしたらいいか悩んでいませんか。
“女性のためのやさしい電話相談”は、60分3,500円で全国どこからでも、何度でも利用できる女性限定の電話相談です。
話すことが苦手な方も安心してお話しできるよう、相談者様の気持ちをしっかり受けとめますので、誰かに話を聴いてほしいとき、どうしたらいいか迷った時、一緒に考えてほしいとき、心が疲れたときは、女性のためのやさしい電話相談を、ぜひご利用ください(愚痴もお聴きします。男の心理もわかりやすく説明します)。