私が離婚専門の行政書士として、カウンセラーとして今までやってこれた理由。

私が離婚専門の行政書士として、カウンセラーとして今までやってこれた理由。
こんにちは、平良です。

私の事務所「オフィスまごころ」は今年の9月14日で開業11年目を迎えます。

何とか今日まで無事に仕事をしてこれたのも、私を必要としてくれているお客様、そして私の仕事に理解をしてくれている家族のおかげだと思っています。

私を支えてくれたみなさまには、心から感謝の気持ちでいっぱいです。

本当にありがとうございます。

この10年、何とか必死に走ってきました。沖縄で最初に離婚専門行政書士・夫婦問題のカウンセラーとしてホームページを立ち上げ、これまで5000件以上の相談を受け、いろいろな離婚や夫婦問題でお仕事をさせていただきました。最初の頃はお客様もいなくて、アルバイトしながら何とか家族を養うこともありました。


離婚の仕事。最初は反対されました。

離婚問題専門の行政書士として仕事をしようと思い、友人や仕事でお世話になっている方からは、反対されることもありました。

離婚相談は弁護士じゃないの?

離婚だけではお客さん来てくれないんじゃないの?

食べていけないんじゃないの?

人の悩みを聴くってきつくない?

というのが反対というか賛成できないみなさんの理由でした。

でも、離婚や夫婦問題の仕事をするようになり、お客様からたくさんのあたたかいメッセージをいただくことで、私は世の中で必要とされている人間なんだという確認をすることができ、感謝をしながら仕事をすることができました。


お客様からのあたたかいメッセージ


  • 平良さんに相談して本当によかった。

  • 3つの法律事務所へ行ってもわからなかったのに、平良さんに相談してすっきりしました。

  • 平良さん、これからも悩んでいる人のためにがんばってください。

  • 平良先生から頂いたメールを読むと、心が落ち着きます。

  • とにかくわかりやすく説明してくれるので助かりました。

  • どんな質問にも答えてくれるってすごいですね。

  • お金を払って相談をする価値はあります。

  • こんなに親身になって話を聴いてくれる人は初めてでした。

  • 何でも相談できるので助かりました。

  • 実際に会ってみるとホームページの写真より若かった(笑)。


など、お客様からたくさんの勇気と感謝の言葉をいただいたこと、本当に、心からうれしく思います。


離婚問題を扱う行政書士や弁護士が増えてきた。

インターネットで検索をすると、離婚問題を扱う行政書士や弁護士がここ数年急激に増えてきました。

選択肢が増えるということは、離婚で悩む客様にとって、悪いことではないと思います。

しかし、「相談したけど対応が悪い」「親身になって聴いてくれなかった」「説明がわかりづらかった」 など、法律知識や実務経験の有無の問題ではなく、お客様に対して共感的に接したり、話を聴く技術が身についていない専門家といわれる人が、まだいるように感じています。

また、離婚の専門家が増えることで、お客様がどこへ相談をしたらいいのか迷ってしまうことも多くなってきたのではないでしょうか。


相談に来てくれた人・依頼してくれた人を裏切りたくない。

私は、「オフィスまごころ」という事務所、「平良吉章」という人間を、お客様に育ててもらったと思っています。

だから、これからもお客様の悩みが早く解決できるように、日々知識を仕入れて、今よりもっと成長していかなければなりません。

もちろん、私だけで解決できないこともたくさんあります。

それでも、不安を抱えたお客様に、先の見通しが立ててあげられるような、コンサルティングと相談やカウンセリングをしていきたいと思っています。

女性のためのやさしい電話相談開催中。

離婚や夫婦関係のこと、別居や不倫・慰謝料のことで、どうしたらいいか悩んでいませんか。
“女性のためのやさしい電話相談”は、60分3,500円で全国どこからでも、何度でも利用できる女性限定の電話相談です。
話すことが苦手な方も安心してお話しできるよう、相談者様の気持ちをしっかり受けとめますので、誰かに話を聴いてほしいとき、どうしたらいいか迷った時、一緒に考えてほしいとき、心が疲れたときは、女性のためのやさしい電話相談を、ぜひご利用ください(愚痴もお聴きします。男の心理もわかりやすく説明します)。