不倫をしたら子どもの親権を取るのに不利でしょうか?取れないでしょうか?

不倫をしたら子どもの親権を取るのに不利でしょうか?取れないでしょうか?

私の浮気が原因で離婚をすることになり、お互いで話し合うことができないので、離婚調停を考えています。

夫は、「お前が浮気をしたんだから、子どもの親権は俺がとる」と言っています。

5歳(女の子)と3歳(女の子)の娘2人いますが、浮気をしたら子どもの親権をとるのは難しいでしょうか?

不倫と子どもの親権は関係ない

結論からいうと、浮気(不貞行為)と、子どもの親権問題は、まったく関係ありません。

不倫をしたからといって子どもの親権を取れないとか、調停や裁判では不利になるとかということは、一切ないんですね。

ただ、相手からすると「お前が不倫したんだから」という言い分はできますので、当然、不倫と親権問題を一緒にして主張してくる男性が多いです。


調停は話し合い

離婚調停は、調停委員が間に入って話を進めて行く、普通の話し合いです。

友達とケンカしたとき、だれかが仲裁に入ってくれるのと同じなんですね。

ですから、家庭裁判所が「親権は夫にします」など、勝手に判断をして決めることは、絶対にあり得ませんし、そもそも子どもの親権というのは、どっちの親が育てた方が子どもにとって良いかということを基本に判断するべき問題なので、不倫とは全く関係のないことです。


素直に謝ることも必要

旦那さんの立場になって考えると、奥さんに浮気をされて離婚になり、子どもの親権までとられたら、とてもさびしい、とても悔しい気持ちになるのは当然だと思います。

ですから、自分のしたことを素直に謝って、旦那さんの気持ちも汲みとってあげるような言葉を調停委員に伝えることが大切です。

肯定的な言葉は、調停委員からの印象もよくなりますし、調停委員が旦那さんに伝えやすいのも確実です。

自分の非を認めた上で、子どもにとって親はどうしたらいいか、夫が納得してくれるためにはどうしたらいいか、を時間をかけて真剣に考えれば、今後の対応が見えてくるのではないでしょうか。

女性のためのやさしい電話相談開催中。

離婚や夫婦関係のこと、別居や不倫・慰謝料のことで、どうしたらいいか悩んでいませんか。
“女性のためのやさしい電話相談”は、60分3,500円で全国どこからでも、何度でも利用できる女性限定の電話相談です。
話すことが苦手な方も安心してお話しできるよう、相談者様の気持ちをしっかり受けとめますので、誰かに話を聴いてほしいとき、どうしたらいいか迷った時、一緒に考えてほしいとき、心が疲れたときは、女性のためのやさしい電話相談を、ぜひご利用ください(愚痴もお聴きします。男の心理もわかりやすく説明します)。