離婚したいのですが踏み切ることができません。どうしたらいいでしょうか。

離婚したいのですが踏み切ることができません。どうしたらいいでしょうか。

子どものことが心配で離婚に踏み切れない


離婚をしたいと思っていますが、2人の子どもがまだ小学生なので私が我慢をして高校生くらいになるまで、がんばるか。

子どもたちのことは心配でも、早く離婚して新しい生活をスタートさせるか、で迷っています。

夫婦関係は完全に冷め切っていて、家庭内別居の状態です。

私はどうしたらいいでしょうか?

Checkお答えしますね。

親のマイナス感情は子どもに伝染します

夫婦関係が悪い状態で生活して行くことは、子どもたちにとっても、あなたとご主人にとっても、けして良いことはないと思います。

お父さんとお母さんのマイナス感情は必ず子どもたちに伝染し、子どもたちの心に大人が想像できないような傷やストレスを与えてしまう場合もあるからです。

もし子どもたちに、イライラすることが多くなったり、怒りっぽくなったり、赤ちゃんがえりや指しゃぶり、おねしょ、小学校での様子に変化などがあったときは、子どもたちの「お母さん助けて!」というサインなので、

日頃からしっかり子どもたちを観察して、SOSを見逃さないようにしてあげてくださいね。


すぐに離婚できないときは別居から始めてみる

子どもたちのことを考えると、特に経済的なことの不安が大きいと思いますが、考えれば考えるほど、離婚に踏み切ることができないのかもしれません。

でも、このままの状態を続けるのはいけないことだっていうこと。きっとあなたもわかっているはずです。

もし、すぐに離婚を決断することが難しいのであれば、別居から始めてみてはどうでしょうか。

別居をすることによって、ご主人に対して新しい見方ができるようになるかもしれませんし、夫婦喧嘩も減りストレスも少なくなるはずなので、冷静にこれからのことを考えることができると思います。

一時的に不安定になることもありますが、子どもたちに対しても、別居のことをきちんと説明すれば、今の状況より精神的に辛い思いはしないと思います。

白か黒かはっきりさせることはやめにして、ストレスの少ない生活から始めてみてはいかがでしょうか。

女性のためのやさしい電話相談開催中。

離婚や夫婦関係のこと、別居や不倫・慰謝料のことで、どうしたらいいか悩んでいませんか。
“女性のためのやさしい電話相談”は、60分3,500円で全国どこからでも、何度でも利用できる女性限定の電話相談です。
話すことが苦手な方も安心してお話しできるよう、相談者様の気持ちをしっかり受けとめますので、誰かに話を聴いてほしいとき、どうしたらいいか迷った時、一緒に考えてほしいとき、心が疲れたときは、女性のためのやさしい電話相談を、ぜひご利用ください(愚痴もお聴きします。男の心理もわかりやすく説明します)。