離婚調停を取下げるべきか不成立になるまでやるべきか。どうしたらいい?

離婚調停を取下げるべきか不成立になるまでやるべきか。どうしたらいい?

離婚調停をしていますが、うまく行きそうにありません。

夫は子どもの監護権は譲ってもいいけど、親権は譲らないと主張しているようです。

私も絶対に親権を譲るつもりはないので、次回の調停で決まらなかった場合、調停を取り下げようかと考えていますが、調停が不調になるまで続けた方がいいでしょうか?

それとも取下げた方がいいでしょうか?

裁判になったとき、取り下げと不調では私に不利になることがあるとか、何か違いが出てくるのでしょうか?


調停がうまくいかないときは取り下げた方がいいか

悩んだ末に申し立てた離婚調停が上手くいかず、不成立になるか成立するかわからない場合は、取り下げを考える方が多いと思います。

調停の取下げは申立てをした人だけしかできませんので、申立てた人が取り下げない限り、そのまま最後まで調停が続いてしまうんですね。


調停の取り下げと不成立の違いとは

調停を取下げることと、不調(不成立)になることの大きな違いは、調停を取下げると家裁は調停調書を作成しません。一方調停が不成立で終わった時は、不成立で終わったことを証明する「調停調書」という書類を家庭裁判所がつくってくれます。

調停調書は裁判の手続きをする際に必ず必要となるため、原則として取り下げた場合は裁判できませんが、調停が不成立になったときは裁判をすることができるようになるんですね。

ですから、裁判まで考えている方は最後まで調停を進めて行った方がいいと思いますし、調停を取り下げて一度クールダウンするための時間や、冷静に考える時間をとってもいいかもしれません。

ただ、裁判は調停と違ってある意味論理的に争いをしていかなければなりませんので、慎重に考えることが大切だと思います。

女性のためのやさしい電話相談開催中。

離婚や夫婦関係のこと、別居や不倫・慰謝料のことで、どうしたらいいか悩んでいませんか。
“女性のためのやさしい電話相談”は、60分3,500円で全国どこからでも、何度でも利用できる女性限定の電話相談です。
話すことが苦手な方も安心してお話しできるよう、相談者様の気持ちをしっかり受けとめますので、誰かに話を聴いてほしいとき、どうしたらいいか迷った時、一緒に考えてほしいとき、心が疲れたときは、女性のためのやさしい電話相談を、ぜひご利用ください(愚痴もお聴きします。男の心理もわかりやすく説明します)。