アスペルガー症候群の夫と離婚をするべきか悩んでいます。

アスペルガー症候群の夫と離婚をするべきか悩んでいます。

夫がアスペルガー症候群と診断されました。

アスペルガーが原因なのか私にはわかりませんが、夫は何度も転職を繰り返すため、いつもお金のことで悩んでいます。

子どもが2人いるので、生活するために昼は事務の仕事をして、夜はコンビニでアルバイトをしています。

夫は、 お金の管理もできませんし、自分のやりたいことばかり家ではやっていて、子どもと遊ぶこともしません。

私が頼んで遊んでもらっても、子どもは楽しくなさそうです。

これからのことを考えると、夫といることが不安でたまりません。

離婚しようかとも考えてしまいますし、無理ならやむを得ないかなとも思っています。

私はどうしたらいいでしょうか?


自閉症の障害は周囲の人に理解されにくい

自閉症の中でも言語に遅れがなく知能が高い人のことを、従来はアスペルガー症候群といっていました。

現在は、アスペルガー、自閉症、広汎性発達障害を含めて自閉症スペクトラムといいます。

アスペルガーを含め、知能に遅れのない自閉症スペクトラムの人たちは外見からどこに障害があるのか判断するのは非常に難しく、私や発達障がいの勉強をされた方でないと難しい特性があります。


自閉症の人が転職を繰り返す理由

アスペルガー症候群を含め、自閉症スペクトラムの方々が定職につくことができず、時には転職を繰り返してしまうのは、脳の機能障害が原因となって次のような苦手な部分が要因となっていることが多いです。

・人とのコミュニケーションが苦手。

・相手の目を見て話すことが苦手。

・暗黙の了解がわからない。

・ものごとに対する強いこだわり

・場の空気が読めない。

・自分で計画を立てて仕事を進めることができない。

・マニュアルがないと柔軟に対応できない。

・2人以上の人と会話することができない(雑談が苦手)。

・先の見通しを立てられない。

・事前に丁寧に説明しないと理解できない。

・複数の仕事を同時にできない。

・すぐに忘れる。

・相手の気持ちを読み取ることができない。


知能は高くても支援が必要です

上記にあげた特性はアスペルガー症候群のほんの一部で、他にも多くの特性があります。

自閉症スペクトラムの人たちには、その人に合った職場の支援があれば問題なく仕事ができますが、職場の人に理解してもらえなかったり苦手なことをサポートもなくさせられることが続くと、精神的な負担が大きくなり定職につくことが難しくなるんですね。

また子どもとの接し方や遊び方なども、明確に指示を出して本人がわかるように遊び方を教えてあげないと、どうやって遊んだらいいかわからない方がいます。

外見からはわかりづらいかもしれませんが、自閉症スペクトラムの人たちは常に不安を抱えながら生きている方が多く、ある当事者の方は「いつも真っ暗闇の中を歩いているように生きています」と言っていました。

自閉症スペクトラムの人たちの多くは、視力の問題ではなく、目から入ってくる情報が私たちとは違う映り方をし、先の見通しが立てられないことからマニュアルがないと目の前が真っ暗になってしまうのです。


理解することが大切です

転職を繰り返す夫との結婚生活は、経済的な不安がつきないと思います。また発達障がいの人と結婚され方はパートナーを理解できず苦しむ方も多いと思います。

しかし、アスペルガー症候群や自閉症、広汎性発達障害、ADHD、学習障害など、発達障害を持っている人たちは、家族や周囲の人に理解してもらえないと、苦しくてとても生き辛いんですね。

離婚をするかしないかは、最終的に自分で決めなければなりませんが、まずはもう一度、アスペルガー症候群のことを少しずつ勉強しながら、パートナーのことを理解してみることから始めてみるということも大切ではないでしょうか。

人は、「なぜ?どうして?」と頭の中に"?”がいっぱい出てくると、不安になったりイライラしたりします。

パートナーが抱えている“ある意味障害”や特性を理解することで頭の中から"?”が消え、冷静に判断ができるようになると思います。

時間があれば、夫が通院している病院の心理士などに相談してみたり、家族や友人に話したりして、自分の心のお掃除も一緒にやってみるのもいいかもしれません。

アスペルガー症候群を根本的に理解することは難しいかもしれませんが、1ついえることは彼らの方がずっと生きづらさを感じているということを覚えておいて下さいね。

⇒アスペルガー症候群をもっと詳しく知りたい方は、こちらのページをご覧ください。

女性のためのやさしい電話相談開催中。

離婚や夫婦関係のこと、別居や不倫・慰謝料のことで、どうしたらいいか悩んでいませんか。
“女性のためのやさしい電話相談”は、60分2,980円で全国どこからでも、何度でも利用できる女性限定の電話相談です。
話すことが苦手な方も安心してお話しできるよう、相談者様の気持ちをしっかり受けとめますので、誰かに話を聴いてほしいとき、どうしたらいいか迷った時、一緒に考えてほしいとき、心が疲れたときは、女性のためのやさしい電話相談を、ぜひご利用ください(愚痴もお聴きします。男の心理もわかりやすく説明します)。