妻の不倫が原因で離婚した後うつ病になりました。私は訴えられるのでしょうか?

妻の不倫が原因で離婚した後うつ病になりました。私は訴えられるのでしょうか?

半年前に妻の不倫が原因で離婚しました。

私は妻のことを愛していたので、不倫発覚後も夫婦関係の修復に努力しましたが、妻は私に見つからないように相手の男性と会っていたことを知り、夫婦関係の修復をあきらめて、離婚しました。

妻の不倫が原因で、離婚になったことを知った妻の両親は、私に頭を下げて、申し訳ないと涙を流していました。

ところが、先日、元妻の両親から連絡があり、私と離婚したことが原因で、元妻がうつ病とパニック障害になってしまったと、怒りの電話がありました。

私は、離婚は元妻の不倫が原因であり、夫婦関係を修復しようと努力したことや妻を責めたりしていなことを説明したのですが、元妻の両親は納得してくれず、私を訴えると言っています。

元妻側の要求は、認められますか?私はどうしたらいいでしょうか?


離婚に至った事実を冷静に伝えましょう

あなたは元奥さんに対して、愛情を持って接してきたこと。

不倫発覚後も、夫婦関係の修復に努力し、最後までがんばった上での離婚だったのに、元奥さんの両親からあなたのせいでうつ病とパニック障害になったと言われ、納得いかないのかもしれませんね。

元奥さんのご両親は、きっと正確な事情は知らないと思いますし、自分の娘が苦しんでいることと、うつ病とパニック障害という診断名を聞いて、驚いてあなたに怒りの電話をかけてしまったのだと思います。

ですから時間の経過とともに、少し冷静になっているかもしれません。


事実がわかれば怒りも治まります

あなたにできることは、あなたが自分の身の潔白を証明して、元奥さんのご両親に理解してもらうことです。

ありのままの事実を伝えなければ相手の怒りは収まらないかもしれませんし、放置しておくと紛争になってしまうかもしれません。

そうなると、精神的にも金銭的にも大変です。


まずは、離婚に至った経緯を紙に書いて、元奥さんのご両親がわかりやすいようにまとめ、話し合ってみてはどうでしょうか。

もし誠実に話し合っても、元奥さん側が納得してくれないのであれば、信頼できる第三者や弁護士さんに依頼して間に入ってもらった方がいいでしょう。


元奥さんのご両親としては、自分の愛する娘が、うつとパニック障害になってしまったので気が動転していると思います。

あなたが誠意を持って、きちんと対応することで相手のご両親も納得し、心を落ち着けることができます。

まずは、冷静に話し合うこと、事実を伝えることから始めてくださいね。

女性のためのやさしい電話相談開催中。

離婚や夫婦関係のこと、別居や不倫・慰謝料のことで、どうしたらいいか悩んでいませんか。
“女性のためのやさしい電話相談”は、60分3,500円で全国どこからでも、何度でも利用できる女性限定の電話相談です。
話すことが苦手な方も安心してお話しできるよう、相談者様の気持ちをしっかり受けとめますので、誰かに話を聴いてほしいとき、どうしたらいいか迷った時、一緒に考えてほしいとき、心が疲れたときは、女性のためのやさしい電話相談を、ぜひご利用ください(愚痴もお聴きします。男の心理もわかりやすく説明します)。