離婚から5年経ちますが慰謝料は請求できますか?養育費の増額請求はできますか?

離婚から5年経ちますが慰謝料は請求できますか?養育費の増額請求はできますか?

5年前に元妻の不倫が原因で離婚しました。

子ども3人の親権は私がとり、父子家庭で子どもを育てています。

現在、元妻からは毎月2万円の養育費が振り込まれていますが、最近、元妻が再婚していたことがわかりました。

子ども3人をすてて、不倫相手のところへ行き、再婚までしていたとは・・・。

離婚したときは、私も疲れていたので元妻にも不倫相手にも慰謝料は請求しませんでした。

離婚から5年経っていますが、元妻に慰謝料を請求できますか?

再婚相手の収入も合わせると、今の養育費は少ないと思いますので養育費の増額を請求することはできますか?

請求するとしたら、どこへ行って手続きをすれば良いでしょうか?

慰謝料には時効がある

まず慰謝料について説明したいと思います。

慰謝料は不貞行為を知ったときから3年以内か、不貞行為のあったときから10年以内に請求しないと時効が成立してしまい、支払ってもらうことができなくなります。

あなたの場合、5年経っているため、元奥さんと再婚相手の方が時効を主張すると支払ってもらうのは難しいでしょう。


養育費の増減は事情に応じてできる

養育費の増額請求については、元奥さんの再婚相手には養育費を支払う義務はありませんのであなたの主張が通るか微妙ですが、とりあえず、元奥さんと話し合ってみてはいかがでしょうか。

お互いの話し合いで決めることができなかったときは、家庭裁判所に養育費の調停を申し立てればいいと思います。

もし、調停で決めることができなかったときは、審判に移行して家庭裁判所の裁判官が決めてくれますので、ほぼ間違いなく、養育の金額は決まることになります。

ただ、金額については、実際に調停をやってみないとわからないので、できる限り、お互いの話し合いで解決し、それでもダメな場合に調停や審判を利用した方がいいでしょう。

女性のためのやさしい電話相談開催中。

離婚や夫婦関係のこと、別居や不倫・慰謝料のことで、どうしたらいいか悩んでいませんか。
“女性のためのやさしい電話相談”は、60分3,500円で全国どこからでも、何度でも利用できる女性限定の電話相談です。
話すことが苦手な方も安心してお話しできるよう、相談者様の気持ちをしっかり受けとめますので、誰かに話を聴いてほしいとき、どうしたらいいか迷った時、一緒に考えてほしいとき、心が疲れたときは、女性のためのやさしい電話相談を、ぜひご利用ください(愚痴もお聴きします。男の心理もわかりやすく説明します)。