離婚協議書の書き方と雛形を教えてください。

離婚協議書の書き方と雛形を教えてください。

離婚をするときは、養育費や財産分与などの取り決めを、離婚協議書に書いて残した方がいいと友人から聞きました。

離婚協議書の書き方を教えてください。

離婚協議書の書き方作り方

離婚協議書は、夫婦が離婚をすることについて、子供の親権者や、養育費、慰謝料、預貯金や不動産などの財産の分け方などを決めて、それを夫婦の約束として書いたものを離婚協議書といいます。

夫婦の約束を紙に書いたものなので、タイトルは、離婚協議書でも、合意書でも、契約書でもなんでもいいんですね。

タイトルが決まったら、

①子供がいたら子どもの親権者を夫と妻の誰にするについて決めます。

②子供の養育費を毎月いくら支払うか、いつまで(20歳まで?大学を卒業するまで?など)支払ってもらうかを決めます。

③慰謝料を支払ってもらう場合は、金額はいくらにするか、一括ならいつまでに支払うか、分割なら、いつから毎月いくら支払うかなどを決めます。

④預貯金や自動車、家財道具、土地、建物、マンションなどの財産分与の分け方はどうするかを決めます。

⑤年金分割はどれくらいの割合で分けるかについて決めます。

⑥離婚した後の子供と別れた親が会う回数や方法はどうするかについて決めます。

⑦専業主婦や病気がちな主婦の場合、離婚した後の生活費はどうしたらいいかなどについて決めます。

⑧その他ペットや借金の問題などがあれば、それについても決めます。


離婚協議書の例

離婚協議書


沖縄太郎以下、「甲」という)と沖縄花子(以下、「乙」という)は甲乙間の離婚について協議した結果、次のとおり合意した。

第1条(離婚)
甲と乙は、本日協議離婚することに合意し、速やかに乙が管轄の市役所に離婚届を提出する。

第2条(親権及び監護権)
甲乙間の未成年の子、沖縄二郎(平成17年1月1日生まれ、以下「丙」という)、沖縄三郎(平成19年1月1日生まれ、以下「丁」という)、沖縄四郎(平成21年1月1日生まれ、以下「戊」という)の親権者及び監護者を乙と定める。

第3条(養育費)
甲は乙に対し、丙、丁、戊の養育費として、平成25年5月から、子どもらが満20歳に達する日の属する月まで、1人につき金2万円を、毎月末日限り、乙の指定する金融機関の口座に振り込んで支払うものとする。

第4条(慰謝料)
甲は乙に対し、慰謝料として金150万円の支払い義務があることを認め、これを平成28年5月末日までに、乙の指定する金融機関の口座に振り込んで支払うものとする。

第5条(子供との面会交流)
乙は甲に対し、丙、丁、戊と面会交流することを認める。面会の日時・場所・方法等については、子供らの福祉を優先し、その都度両者誠実に協議し決定する。

第6条(清算条項)
甲と乙は、本件離婚に関する問題については、以上をもってすべて解決したものとし、今後慰謝料、財産分与等名目の如何を問わず何らの請求をしない。

甲と乙は、上記条項を誠実に履行することを誓約し、この協議書の成立を証するため、本書2通を作成し、各自署名押印の上、その一通を保有する。

平成28年  月  日

(甲)住所
   氏名:                  印

(乙)住所:
   氏名:                  印


以上のような感じの内容になりますが、夫婦の事情によって違ってくるため、難しい内容のときは、専門家に相談してみた方がいいでしょう。

また、離婚協議書では、相手が養育費を支払わなくなってしまったとき、給与を差し押さえたりする強制執行というものができないので、裁判をしなくても、調停をしなくても、給与などを差し押さえることができる公正証書を作成した方が安心できると思います。

離婚をした後で後悔している方もたくさん見てきました。あなたのため、子どものためにも、ぜひ、しっかりと離婚協議書や公正証書をつくってくださいね。

女性のためのやさしい電話相談開催中。

離婚や夫婦関係のこと、別居や不倫・慰謝料のことで、どうしたらいいか悩んでいませんか。
“女性のためのやさしい電話相談”は、60分3,500円で全国どこからでも、何度でも利用できる女性限定の電話相談です。
話すことが苦手な方も安心してお話しできるよう、相談者様の気持ちをしっかり受けとめますので、誰かに話を聴いてほしいとき、どうしたらいいか迷った時、一緒に考えてほしいとき、心が疲れたときは、女性のためのやさしい電話相談を、ぜひご利用ください(愚痴もお聴きします。男の心理もわかりやすく説明します)。