旦那のW不倫が発覚!証拠を残すために相手に誓約書を書かせる方法とは。

旦那のW不倫が発覚!証拠を残すために相手に誓約書を書かせる方法とは。

旦那が、同じ会社の同僚とW不倫していることが発覚しました。

来週、私と旦那の不倫相手と3人で会うことになりました。

友人から、「不倫相手に会ったら誓約書みたいなものを書いてもらったら」とアドバイスを受けましたが、誓約書を書いてもらうと有利になりますか?

私は、不倫相手の家族に内緒にするかわりに慰謝料を払ってもらい、会社には内緒にするかわりに仕事を辞めてもらうおうと思っていますが、脅しになるのでしょうか?

誓約書はきちんと書けば証拠になる

誓約書を相手に書いてもらうことは、どちらかといえば有利になりますが、あとでトラブルにならないための証拠としてつくるものと考えておいた方がいいと思います。

誓約書は、不倫を認めたことの証拠としてつくるのか、それとも、不倫を認めることはもちろん、慰謝料の金額や支払い方法、今後旦那さんとの関係を終わらせるという内容を書くのかによっても違ってきます。

ですから、2種類の誓約書を準備しておくといいですね。

1つは、不倫を認めることの誓約書で、もうひとつは、不倫を認めることと慰謝料の金額や支払い方法などを書いたものです。

相手の女性との話しの進み方で、どちらの誓約書を使うか見極めることが大切です。

また、最初の話し合いで慰謝料の金額が決まることはほとんどありませんので、電話やメールで何度か交渉したり、2、3回会って交渉する覚悟は必要だと思います。

そう考えると、場合によっては不倫を認めご主人とは別れることなどだけを書いた誓約書で十分かもしれませんね。


不倫の事実を口外しないことと慰謝料の金額

不倫相手の家族に内緒にするかどうかで、慰謝料の金額について交渉しようと思っていらっしゃることについては、場合によっては脅迫と受取られる場合もありますので、私はおすすめしません。

ただし、相手の女性が不倫を認め、請求する金額が一般的な金額であり問題なく合意できるのであれば、脅迫にはならないと思います。

また会社に内緒にするかわりに退職してもらうことについては、本人から退職すると言ってきたら問題ありませんが、相手が会社を退職することをもって慰謝料の金額を増減することは、脅迫になる可能性が高いのでやめた方がいいでしょう。

社内恋愛や不倫については、会社の就業規則や社内規定に違反する場合もあるので、ご主人に調べてもらってから、対応を考えた方がいいように思います。

あまり感情的になって無理な請求をすると相手が弁護士を代理人に立てたり、反撃してくる場合もあるので、冷静に交渉することが大切です。